群発性頭痛の原因て知ってます??

頭が痛い。

たいていの人は頭痛を一度は経験したことがあるかと思います。

なんと、日本の3000万人、つまり4人に1人は頭痛もちといわれています。

そんな頭痛の中でも群発性頭痛は強烈な痛みを伴います。目の奥がえぐられるような痛みがあり、発症すると居ても立っても居られないという状態になります。ですので悩みが深い方が非常に多いのが現状です。

今回は、群発性頭痛の原因についてご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

頭痛の種類

0069_xlarge

まずは頭痛の種類です。

頭痛は大きく分けて3種類に分けられます。

  • 偏頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 群発頭痛

その他、危険な頭痛としては、

  • クモ膜下出血
  • 脳出血
  • 脳腫瘍

などがあります。

群発性頭痛とは?

医者 問診

群発性頭痛とは、強烈な痛みを伴う頭痛です。あまりの痛さに壁に頭を打ち付けたり、失神してしまうこともあり、中には自殺する人もいるほど強い痛みを伴います。

この群発性頭痛は、痛みは片側に起こり

  • 目の奥がえぐられるような痛み
  • 刺されるような痛み
  • 頭を金槌で叩かれるような痛み

などと表現されることが多いです。

群発性頭痛は、20~40歳代の男性に多く、1000人に1人の割合と言われています。

発作中には、痛みのある側の涙や鼻水が出たり、目の充血を伴う事も多く、アルコールの摂取によって発作が誘発されることもあります。頭痛は、ほぼ毎日同じ時間帯、特に夜中~朝方にかけて発症することが多く、30分~2時間ほど続きます。いったん痛みが出ると1~2ヵ月痛みが続き、この時期を「群発期」といいます。この群発期は1年に1回、ある時期になると発症します。

しかしこのような群発性頭痛の症状は人によって様々で、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。群発期を過ぎると、自然に頭痛がなくなる寛解期になります。

群発性頭痛は経験した人にしか分からない痛みで、比較的認知度が低い疾患です。

群発性頭痛の原因は?

群発性頭痛の原因は、実はいまだ解明されていません。

しかし、有力視されている原因があります。それは、「三叉神経血管説」です。

なぜかというと、偏頭痛の治療薬であるトリプタンで効果がみられるためです。なので偏頭痛と同様に、三叉神経血管説が有力視されています。

また、睡眠時に多く発症することから、視床下部や松果体などの体内時計との関係も指摘されています。最近の研究では、群発頭痛の発作時にPET検査を行い、群発頭痛でない人と比べると、後視床下部灰白質の活性化が生じ、細胞密度が高いことから、視床下部が群発頭痛の原因になっている可能性があると言われています。

三叉神経血管説とは?

三叉神経血管説とは、簡単に言うと、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

脳にはたくさんの血管があります。その血管の収縮に関わっているのが、セロトニンという神経伝達物質です。

脳に何らかの刺激が加わることで、セロトニンが大量に分泌され、血管を急激に収縮させてしまいます。

そして、セロトニンが分解されてくると、収縮していた血管が今度は急激に広がります。この時に、反動で血管が広がり過ぎてしまうことがあります。

すると、広がり過ぎた血管が三叉神経を圧迫します。圧迫された三叉神経は、その刺激によって「痛みの原因となる物質」である神経ペプチドという物質を分泌します。

神経ペプチドが分泌されたことによって、血管の周囲に炎症が起こり群発性頭痛が起こるのです。

血管が収縮拡張する原因

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 騒音や強い光・きつい臭い
  • 天気・気候
  • 喫煙
  • アルコール

などが代表的なものですが、根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経なのです。

自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • ストレス
  • 不良姿勢
  • 生活習慣の乱れ

などが影響してきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

群発性頭痛は自律神経との関係が深いのです。日頃から姿勢や生活習慣を見直しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加