ストレートネックを改善する方法を伝授します!!

「首の他にも辛いところが増えてきたな。」

「病院でストレートネックと言われたけど改善できるの?」

「どんな症状が出てくるの?」

こんな事を考えていませんか?

ここでは、そんな悩みを少しでも無くせるような内容にしてますので参考にしてもらえると思います。

すぐに効果がでるかどうかは個人差ありますが、難しい事ではありませんので、手間もお金もかからず改善できる可能性があるならやる価値はありますよね。

なぜストレートネックになってしまったのか?

原因として考えられることは日常生活の中に潜んでいます。

首を前に倒し、うつむくような姿勢を長く続けていると、ストレートネックになりやすいようです。

考えられる例をいくつか挙げてみましょう。

  • デスクワークで前かがみになっている
  • 読書や手芸などを長時間してしまう
  • スマホなどの操作を頻繁にしている

などですね。

どれも前かがみの姿勢のままで、長時間過ごしてしまうものばかりです。

特に最近はスマートフォンの普及により、各年代でストレートネックになる人が増えているというのです。

いわゆる「現代病」と言われているようです。

ストレートネックとは?

言葉の通り首の骨の配列がまっすぐに変化している状態です。首の骨は正常であれば自然なカーブを作っています。それがいろいろな原因によってまっすぐな配列になってしまっています。正常より頭部が前に出ているので「頭部前方偏位」ともいいます。

頭の重さは通常4〜6kgあります。頭が前に出たり、うつむくことでその負担は増大します。研究では、30度で18kg、60度では27kgもの負荷になるとされています。

では、ストレートネックになると、どんな症状が出てくるのでしょうか?

肩こり、首こりにとどまらず酷くなれば頭痛、手の痺れ、背中の痛み、内臓の不調などもでてきてしまい、お仕事だけでなく日常生活にも支障が出てくるようですね。

ストレートネックが原因で起こる症状としては

  • 肩こり、首こり、手の痺れ
  • 頭痛、めまい
  • 自律神経失調症
  • 椎間板ヘルニア
  • 吐き気、逆流性食道炎
  • 首が動かない、肩が上がらない
  • 背中の痛み

他にも肌荒れなども多くなるようです。

これだけたくさんの症状の原因となってしまうのですからほっておくと大変ですよね。

このような症状が出ない方もいます。しかしご説明した通り、何らかのトラブルが今後生まれる可能性があります。

どんな姿勢でなりやすいの?

  • 作業姿勢やスマホのぞきこみ姿勢

デスクワークなどで、首が前に出ている状態が長時間続くと、姿勢が固定されストレートネックになりやすくなります。もっともストレートネックが引き起こされやすい原因です。

  • 猫背姿勢

猫背は背中が後ろに曲がって、バランスが後ろになってしまっている状態です。頭を前にすることで全体のバランスを取ろうとします。

  • 反り腰など骨盤の傾斜によるもの

姿勢の傾きが骨盤の傾きによるケースもあります。反り腰は腰が反った状態です。お尻が後ろにでて、頭部が前に出る姿勢です。おなかが伸びた状態ですので、ぽっこりお腹にもなりやすいです。

  • O脚X脚、浮き指、外反母趾など下半身の問題

O脚X脚は、股関節の状態に影響されて引き起こされていることがあります。浮き指は足の指が地面から浮いた状態。外反母趾は足の親指が外に向いてしまっている状態です。これらの脚の問題が腰の傾きを引き起こし、胸や背中の位置に影響し、頭部が前に出るケースもあります。

このようにストレートネックの原因は首まわりにとどまらず様々です。全身の姿勢を見直すことで改善されることが多いです。

ストレートネックを改善する3つのポイント

改善にはストレートネックを生み出しているポイントにアプローチすることが必要です。

本来のまっすぐな軸を身体にイメージさせる

頭部が前に出た状態ですから、本来の現状よりやや後ろに位置した状態を自然に戻させ、その状態が無意識でできることを行います。

首まわりの筋肉をゆるめる

ストレートネックに直接関係している首まわりの筋肉をゆるめましょう。首周辺や背中側の肩甲骨周辺はテンションがかかり、パンパンの状態です。巻き肩ぎみになっていることも多いです。

上半身から腰までの筋肉をゆるめ伸ばす

上半身の筋肉が縮こまると猫背姿勢になりがちです。骨盤の傾きが前になっているケースも少なくありません。緊張した筋肉を緩めることより身体がまっすぐになりやすくなります。

今以上に酷くならない為に、再発しない為に日々できる事からしていきましょうね。

プライベートでも仕事中でも周りを気にせずできるとても簡単なストレッチを紹介するので、今すぐにでもやってみてください。

ストレッチ!!

  • 胸のストレッチ

鎖骨に指を当てて、上に押して胸を押し上げるストレッチ。

腰を反らすのではなく、胸だけを反らすのがポイント。

1度に5回くらいやるのがいいですね。

これは肩の筋肉をほぐしてくれます。

胸を反ることで胸の位置が高くなり、肩周りの筋肉をほぐしてくれます。

姿勢を良くした時の胸を張った状態と同じですね。

  • 首のストレッチ

鎖骨に手を当てて、首を後にスライドさせるストレッチ。

顔の位置は変えずに、なるべく首だけを後ろに平行にスライドさせるのがポイントです。

アゴを引くわけじゃないですよ。あくまで首だけです。

こちらも1度に5回くらいやりましょう。

このストレッチは首を自然な位置に戻してくれる効果があるので、毎日続けてみてください。

  • 背中のストレッチ

イスに座ったまま、両手を上げてバンザイした状態で背もたれに寄りかかって、背中を反らします。

これも1度に5回くらいやってみましょう。

背中を反らすことで、猫背で丸まった姿勢がまっすぐに伸びるので、ストレートネックにも効果あります。

  • 立ってするストレッチ

両手を後ろに組みます。息を吐きながら、上体をそらしストレッチします。このとき同時に組んだ両腕を上へ持ち上げます。(一連の動作で行ってください。)

その状態のまま、2~3呼吸保持します。
息を吐きながら、ゆっくりと戻り、手をほどきます。

  • タオルストレッチのやり方
  1. フェイスタオルの両端を両手で持って、首の後ろにタオルの中心部を当てます。タオルの端は顔の前にくる形です。
  2. タオルを持ったまま両手を斜め上に上げて、タオルを引っ張り、頭を少し上に倒した状態にします。
  3. その状態で顎を喉のほうに引き付け、頷く動作をします。これを5秒~20秒行います。

このストレッチを、1日5セットを目安に行いましょう。ストレートネックが解消されていきます。

ただし、首の痛みが強かったり、ストレッチで異常を感じた場合はすぐに中断してください

これらストレッチで前に出た頭が戻り、首や肩への負担が少なくなるんです。

ストレートネックの改善に効果ある簡単ストレッチです。本当に簡単なので気軽に続けられると思います。さっそく試してみてくださいね。

とても簡単ですが、これだけでも毎日しっかり続ければ、ストレートネックは改善されはずです。

簡単なストレッチを覚えて頂きましたので、次にもう一つ大事な改善方法を紹介します。

それは日常の姿勢です。仕事中でもリラックスしている時でも気をつけて頂きたいと思います。

ストレートネックの一番の原因と言われているのが、体に負荷のかかる不自然な姿勢を長時間続けていること。もしくは長期間続けている事により頭の位置が変化しているからだと言われているんです。

パソコンやスマートフォンの画面を見るときって、自然と前のめりになって、画面に顔を近づけて見ることが多いはずですからね。

この姿勢を改善しないことには、いくらストレッチを頑張っていても思うような効果は期待できません。

パソコンやスマートフォンを使用する際は、パソコンならなるべく体を後ろにもたれさせて顔が前のめりにならない様に気をつけて下さい。
スマートフォンの場合は顔の正面に画面を持ってきてうつむかない様に十分に気をつけてくださいね。

ストレートネックの人は特に仕事中の姿勢や普段からのクセが体に染みついてる人が多いと思いますのでストレッチと一緒に頑張りましょう。

ストレートネックにならない為の心掛け

スマホを使うにつれ、ストレートネックになる方が急増しています。

スマートフォンを見る姿勢がとても関係している1つの証拠だと思います。

うつむいて操作したり、寝転んで操作するので首にかかる頭の重さえ首の骨が伸ばされてしまい、その結果ストレートネックになってしまうのです。

なるべく顔の高さに持ち上げて操作することをお勧めします。

また、パソコンを日常的に使用する場合も目線が下向きになっているはずですので、パソコンの下に10cmぐらいの台を置いて使用するように心がけえてみましょう。

そして、人生の1/3の時間を共にする枕も大事です。

横向きで寝る場合には背骨と布団が水平になるような物が良いと思います。

仰向けの場合には寝返りのしやすい硬めのまくらを選ぶように心がけてみましょうね。

多くの方が使用しているスマホですが、持ち方を気をつけることで、悪化防止・予防になります。

それはスマホを持っているうでの肘を90°にします。

そして反対側の腕を脇の下に挟みます。

こうする事で、顔をうつむかずにスマホを操作できるようになります。

姿勢を意識する

姿勢が悪いままだとストレッチのどを頑張ったも効果が半減してしまいます。

理想的な姿勢はアゴを軽く引いた状態で顔が自然と正面を向くことです。頭のてっぺんを上から糸で吊っているような感覚を意識してみましょう。

日常的に不良姿勢が続いている場合はなかなか簡単にはいかないので、日々の努力が必要になりまのでがんばりましょうね。

 まとめ

急にパッと直すというのは難しいので、まずは気づいた時だけでもストレッチ、姿勢を意識するようにしてください。

これだけでもだいぶ変わるはずです。

ストレートネックは改善できると思います。

大変ですが一緒に頑張りましょう!

毎日のケアがとても大事になります。痛みがある限り、何かを我慢したり不安に思っている事が絶えないというのは辛い事だと思います。体の不安が無くなれば人生も楽しく豊かになります。これから少しでも良い人生にしたいと考えておられる場合はいつでもご相談下さい。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加