喉に感じる違和感の正体は??

「喉の違和感が何をしても取れない」

「喉に何かできたかな?」

「検査してみたけど特に異常なしと言われた。。」

このようなお悩みはありませんか?

f5260a5f27e2b904b8e8c018355f2e76_l

そのような症状を理解いただける内容にしていきますね。

「のどがすっきりしない」

「違和感がある」

「異物感がある」

などの異常感をがある場合、まずどのような事を考えれば良いでしょうか?

慢性の咽頭炎や喉頭炎や扁桃炎のほか、咽頭がんや喉頭がんの初期症状の場合がありますので早目に耳鼻咽喉科で診察を受けられることをおすすめします。

また、逆流性食道炎や加齢によるのどの粘膜の分泌低下などによって違和感が生じる場合もあります。

原因となる疾患がなくてものどの異物感を感じる場合があり、

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

と呼ばれるものがあります。

風邪をひいていないのに、以下のような喉の症状はありませんか?

  • 不快感、異物感がある
  • 喉がつまって苦しい…。
  • 喉に何だか違和感がある

病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

といいます。または「ヒステリー球」とも呼ばれています。

このヒステリー球とは、喉に不快感や痰が絡むような感じがする状態です。例えば、風邪を引いた時はこのような喉の不快感や痰が絡むような感じがあるかと思います。

喉に症状が出るので、よく咽頭がんや食道がんではないのかと不安になる方も増えています。しかし内視鏡検査や胃カメラの検査をしても風邪はもちろん特に何の異常もないのです。

ヒステリー球の特徴は、喉に症状が出ますが検査をしても異常がないことです。

そんなヒステリー球ですが、ヒステリー球という名称からもわかるとおり、球のような物が喉に引っ掛かった感覚があることをいいます。おもな症状は、喉が圧迫される、飲み込みづらい、息が詰まるといったものなのですが、この病気の特徴は、そういった症状を引き起こす要因がないということなんですね。

ヒステリー球は、喉に「球が詰まった感じがする」ということでヒステリー球と言われています。

ヒステリー球の症状

ヒステリー球はの症状は喉の違和感・異物感や痰が絡んだような感じなどが主な症状です。

具体的には

  • 喉が詰まったような感じ
  • 喉に何か付いているような感じ
  • 喉に何かできものがある感じ
  • 喉がゴロゴロする
  • 喉に何か刺さっている感じ
  • 痰がくっついているような感じ
  • 喉の閉塞感

などが多い内容です。

ヒステリー球は、痛みがないので気づかなかったり、気づくのが遅れたりするのが特徴です。

そして、喉にポリープができていたり、胃酸の逆流がある場合は喉に違和感があったりしますが、ヒステリー球にはそういった具体的な要因もありません。

ヒステリー球になりやすい方の特徴と症状は、

  • ストレスが多い
  • 周囲に気を使う
  • 几帳面
  • 不眠がち
    (不眠そのものが大きなストレスとなりますし、本来行われるべき体や気持ちのリセットがなかなかうまく行えません)
  • 喉に違和感がある
  • いつも喉が気になる
  • 食べ物が呑み込みにくい感じがする
  • 喉を見てもらったり、内視鏡検査をしても特に異常はない
  • ストレスの多い生活をしていると思う
  • 夜、寝つきが悪かったり夜間何度も目が覚めてしまうなど、睡眠状態に問題がある
  • 性格的に、細かいことが気になり、人に気を使いやすい性格であると思う

このような症状が思い当たる場合には、

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)を疑いましょう。

ヒステリー球の原因

ヒステリー球の正確な原因はまだ解明されていませんが、最も注目されているのが自律神経の乱れです。

ストレスが溜まっている、あるいはストレスが溜まりやすい性格の人や、生活習慣の乱れなどによって自律神経は乱れます。

この自律神経が乱れることで、風邪をひいてもいないのに、喉の不快感や痰が絡んだような感じが出てくるのです。

では、ヒステリー球の原因と言われる自律神経とはどんな神経なのでしょうか?

自律神経とは

自律神経とは、代謝・循環・消化・発汗・心拍・排尿・排便などの生命維持に必要な機能を正常に保つようにコントロールしている神経です。自律神経は自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いています。

その自律神経は、交感神経副交感神経があります。

交感神経

交感神経が優位になる時は、主に日中、仕事やスポーツをしている時など、興奮状態や緊張状態にある時などです。

交感神経が優位に働くことで、心臓や血管、血圧などをコントロールして、全身の細胞に栄養や酸素の供給量を上げて、体が動きやすい状態、活動しやすい状態にしてくれているのです。

副交感神経

副交感神経が優位になる時は、主に夜間で、食事の時や、入浴中、休息時、睡眠時などで、身体がリラックス状態にある時です。

つまり、副交感神経はリラックスの神経です。副交感神経が優位に働くことで、ゆっくりと大きな呼吸になり、血管を拡張させて、心拍を抑制し、血圧を下げることで、ゆっくりと血液を循環させます。

普段の私たちの身体の中では、このようなことが常に自動的に行われています。

交感神経と副交感神経からなる自律神経がバランスよく働くことにより、私たちの身体は正常に機能するように調節されているのです。

この自律神経が原因で喉の不快感や痰が絡んだような感じの症状が出る、ヒステリー球になってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加