眠れないだけが不眠症ではない!?不眠症の定義とは??

不眠症とは

Teddy bear on the bed

「不眠症」と言う言葉は、私たちが普段寝れなかったりすると何となく使っている言葉です。

不眠症は、睡眠障害の一種です。ちゃんと寝る環境やタイミングがあるにもかかわらず、十分な睡眠が取れず、日常生活や心身に何らかの支障をきたしている状態です。

そのため、十分に眠った感じがしない、日中の眠気、思考力の低下、注意力の欠如、疲労感などの身体の不調が起こり、生活に悪影響を及ぼしてしまう状態です。また、イライラしたり情緒不安定など、精神的にも不安定になることもあります。

多忙によって睡眠が十分にとれず、朝起きても眠たいというのは、ただ単に寝る暇がないだけです。このような場合は、時間が確保できれば十分に睡眠ができるので、これは不眠症とは言わず、「睡眠不足」ということになります。

厚労省の調査結果によると、5人に1人が、自分は不眠がちだと感じており、10人に1人は、長期間不眠に悩まされており、3人に1人は、過去に不眠で悩んだことがある、と報告されています。

何時間以下の睡眠が不眠症になるのかではなく、本人が十分に睡眠ができていないと感じ、日常生活に支障が出て困っているなら、それは不眠症と判断されます。

不眠症の4つのタイプ

不眠症は単に寝れないということだけではありません。不眠症には4つのタイプがあります。

  • 入眠障害
  • 中間覚醒
  • 熟眠障害
  • 早朝覚醒

不眠症の定義

そんな不眠症ですが、「日本睡眠学会」が定義するところの不眠症は以下の通りです。

  • 夜間中々入眠出来ず寝つくのに普段より2時間以上かかる入眠障害
  • 一旦寝ついても夜中に目が醒め易く2回以上目が醒める中間覚醒
  • 朝起きたときにぐっすり眠った感じの得られない熟眠障害
  • 朝普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう早朝覚醒

などの訴えのどれかがあること。さらに、

  • 上記の訴えが週2回以上あり、少なくとも1ヵ月間は持続
  • 不眠のため苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられる

などを満たすことが不眠症の定義となります。

例えば、眠るまでに時間はかからなくても、一週間に3回普段よりも2時間以上早くに目が覚めることが1ヵ月以上続いており、日中のひどい眠気によって仕事に集中できないとなると、それは不眠症に該当します。

まとめ

372e67552108bddcc64704f2cdcd52e0_l

睡眠は、人間が健康に生きていく為に非常に大切です。

もしあなたが睡眠に対して悩んでいるのであれば、自分がどのタイプに分類されるのかを理解し、先ほどの「不眠症の定義」を基準に判断してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加