指がしびれる『4』大原因!

指がしびれる『4』つの原因!

指のしびれがあると、何か怖い病気ではないかと不安になりますね。指のしびれの原因は様々で、すべてが怖い病気ではありません。

そこで、今回は指のしびれる原因を『4』つ解説していきますね。

さまざまな要因が考えられますが、しびれる場所やしびれ以外の症状など、あなたのしびれの原因がわかると思います。今後の改善の為に参考になると思います。

指のしびれる原因

ここからは指のしびれる原因を『4』つ紹介していきますね。

様々な原因がありますので、あなたのしびれの原因がまた別にあるかもしれません。なので、ここで挙げる原因が当てはまるとしても、1度は必ず病院で検査を受けるように心がけて下さいね。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手首には指の神経が束になった手根管(しゅこんかん)という部分があります。

手根管はトンネルのようになっていて構造上狭いので、何か障害が起きてしまうと神経が圧迫されやすい部分になっているのです。

ここで神経が圧迫されると、親指から薬指の内側半分の範囲でしびれや痛みを生じます。これが手根管症候群です。

明確な原因は解明されておりませんが、女性に多い病気なので女性ホルモンに関連しているとも言われています。

また、甲状腺や糖尿病などの病気と関連することも知られています。

  • 親指から薬指の内側半分まででのみしびれが生じる
  • 夜間や早朝に強いしびれが出る

などの特徴があります。

手首をよく使う方に多い病気ですので不便になると思いますが、手根管への刺激を減らすために患部を安静に保つことが重要です。

血行不良

長時間正座をした時に足がしびれたという経験はあなたもあるのではないですか?体重で足の血管を圧迫して血行不良を起こし、末端神経が圧迫されて起こるしびれです。

腕枕をして眠り、起きた時に腕の感覚がないというのも同じで血行不良が原因となっています。このような場合のしびれは、圧迫を解くことで次第に改善されていきますよね。

しかし、血行不良によるしびれは一時的な圧迫によるものばかりではありませんストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れたりすると、血管が緩まなくなってしまい血行不良となり慢性的にしびれを感じることがあります。

しびれということで、手足の神経や脳神経などを調べてもらっても原因が見つからない場合は、血行不良によるしびれである可能性が高くなります。

強いストレスで自律神経がバランスを崩さないよう生活リズムを変えて規則正しい生活を送ることや、ストレス発散、リラックスできる時間を意識的に作るようにしたり、全身的に血行をよくするよう心がけましょう。

血行を良くするには、「お風呂でゆっくり体を温める」「姿勢を良くする」「軽い運動を日課にする」といった方法があります。

循環器系障害

血管などの循環器に障害が生じることにより指にしびれが生じることもあります。ここでは、代表的な2つの原因についてお伝えしていきます。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

足の冷えやしびれが生じ、歩行困難となることがあります。休憩すると症状は改善されますが、歩行時にはまた現れます。

高血圧・糖尿病などが原因で動脈が硬化し、血流障害を起こしています。脳梗塞につながる症状ですので、早急に循環器科を受診することをお勧めします。

バージャー病

閉塞性動脈硬化症と同様で、足の冷えやしびれが生じ、歩行困難となることがあります。足先の血行が悪くなり潰瘍(かいよう)ができることもありますので注意が必要です。

発症者の多くは喫煙者か喫煙経験者と言われています。

末梢血管の血流障害により血管が閉塞してしまい、閉塞した部分から先の神経細胞が壊死するところまで進行してしまうと外科的な処置となりますので、気になる方は早急に循環器科を受診することをお勧めします。

指神経麻痺(ししんけいまひ)

指神経には正中神経尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経があります。これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をすると指にしびれが発生することがあります。

例えば楽器を演奏する際にいつも親指関節部分に楽器が当たった状態になるとか、仕事で使うドライバーの柄がいつも親指の付け根あたりに当たるなど、特殊な動作が原因になります。

慣れているように思うかもしれませんが、同じ作業を長く続けている場合ほど細胞や血管が回復できなくんっている場合がありますので注意が必要です。

指神経麻痺は、どこか一点を強く押した時にしびれが発生するので、しびれのある指から手首にかけてのどこかを押してみて、しびれが強くなる部分を探します。

その部分にいつも負担をかける動作をしていれば、それが原因となります。

その動作を控えたり、負担が軽くなるような工夫(手袋を付けてみるとか)で改善されます。

ちょっとした工夫で改善される可能性のある症状ですので試してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは『4』つの原因について紹介していきましたが当てはまっても、当てはまらなくても、指のしびれが気になる場合や長期的に症状がある場合は、病院で検査してもらうことをお勧めします。

何もないようでしたら一安心ですし、何かあった場合は手遅れになる前に対応できますからね。

投薬等でもなかなか改善せず、悪化するようなら手術も考えなければいけなくなる場合もあります。そうなるととても不安ですし手術をして症状が再発しなくなれば良いですが、それも難しいと思います。

そうなる前に1度当院にご相談下されば、きっとあなたのお役にたてると思います。

少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加