ばね指の治療とは??

ばね指治療
「荷物を持ったら手に痛みが・・・。」
「拳を握っただけで激痛が・・・。」
なんて方はいらっしゃいませんか?
握りすぎたり力の入れ方が悪いことが長期間続くと「ばね指」といわれる手の指が上手く伸ばせない状態になることがあります。
日常生活で手を使う事は多く、そのたびに不便な思いをしていることだと思います。
整形外科で「ばね指」の治療で電気を当ててもらったり注射をしてもなかなか治らないという方が意外と多いと思います。手術も検討しているが、なるべく自分で改善したという方なら是非この内容は参考にして頂きたいと思います。
一般的に知られている原因は「使い過ぎ」が多いと思います。
もちろんその理由で発症した方も多いはずですが、
「更年期を過ぎた女性や、周産期の女性」
などの女性ホルモンのバランスが崩れてしまった方や、
「糖尿病や腎透析などの内科的疾患がある方」
なども「ばね指」を発症しやすいと言われています。
普段、力仕事やデスクワークの仕事では無いという方では、ゴルフやテニスなどの初心者の方がなりやすいですね。
インパクトの瞬間に強い衝撃が手に伝わり、繰り返すうちに腱が傷つき発症してしまうケースがあります。
指は筋肉や腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが腱鞘(けんしょう)と呼ばれるものです。
簡単に例えると、ベルトが腱でベルト通しが腱鞘の役目をしています、ベルトに丸いコブのようなものが出来たらベルト通しをベルトが通らない状態がバネ指になった状態です。
ばね指の効果的な治し方
とってもカンタン、効果的な「ばね指」ケア
「ばね指」になっている指を先端から手首までしっかり揉み解していきます。
指の側面もしっかり揉み解していきます。
特に手首付近はしっかりとほぐす事を意識して頑張りましょう。
かなり簡単ですよね?
しかし効果は検証済みですので保証できます!ご安心下さい!
これは1日3回、朝・昼・晩と3分ずつ行って欲しいですね。
温・冷の刺激をすると更にイイ!
更にお風呂に入る時に試して頂きたいのが、温・冷の刺激で循環を促進させるという裏技です!
洗面器が2つあれば一つは真水を入れて、もう一つは40度以上の熱めのお湯を入れて交互に手を入れるというやり方です。
30秒交代を目安にして温・冷を繰り返してみてください。
片方5回を目標に行い、最後は真水で終わるといいですね。
この方法は特に、押さえて痛みが強い方には頑張ってもらいたいと思います。
根気よく3ヶ月は頑張って頂くと症状が次第に改善されてきますよ。
痛みが辛くてそんなに我慢できないという方や、手を使うので仕事にならない、早く痛みから解放されたいという方は注射で痛みを緩和しながらのセルフケアをお勧めします。
「ばね指」になったらコレがオススメ!
どんなによいセルフケアをしていても日々の食事が悪いと回復も遅くなります。逆にセルフケアの効果との相乗効果でより治癒もしやすくなるでしょう。食べ物を挙げていきますね。
グルコサミンとたんぱく質が大事
グルコサミンを食事から摂る場合に豊富に含まれているのが「山芋」と「オクラ」です。
どちらもねばねばしていますがそのネバネバに栄養分が豊富にあるようです。
刺激物は炎症を悪化させる恐れがあるため控えたほうがよろしいと思います。
唐辛子 スパイスなどは控えるか量を少なめにして、アルコール コーヒー タバコなどの嗜好品も出来る限り減らしましょう。
それ以外には白砂糖をやめて黒糖かきび糖に変えることをお勧めします。
早く治して日常を取り戻しましょう
「ばね指」になると日常的に不便なことが多いですよね?仕事や家事の効率が極端に下るのも毎日ストレスになると思いますし、重度になる前にセルフケアで改善を目指して下さいね。
少しでも皆様のお役にたてると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加