ヒステリー球と吐き気の関係の実は!?

「喉に違和感や閉塞感がある」

それに

「吐き気もする」

このようなことはありませんか?

もしそうであればヒステリー球の可能性があります。

最近ちょくちょく耳にするようになった「ヒステリー球」ですが、これは喉に症状が出ます。しかし中には吐き気を伴うこともあるのです。

今回は、ヒステリー球と吐き気の関係についてご紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

ヒステリー球とは?

首こり

ヒステリー球とは、喉に不快感や痰が絡むような感じがする状態です。例えば、風邪を引いた時はこのような喉の不快感や痰が絡むような感じがあるかと思います。

ヒステリー球の特徴は、喉に症状が出ますが病院で検査をしても異常がないことです。

そんなヒステリーですが、なぜヒステリー球という呼び方なの?と気になりますよね?

ヒステリー球は、喉に「球が詰まった感じがするが異常がない」ということでヒステリー球と言われています。別名「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょうとも言います。

症状

  • 喉が詰まったような感じ
  • 喉に何か付いているような感じ
  • 喉に何かできものがある感じ
  • 喉がゴロゴロする
  • 喉に何か刺さっている感じ
  • 痰がくっついているような感じ
  • 喉の閉塞感

ヒステリー球の原因は?

喉の不快感や吐き気が続くことで、何か悪い病気じゃないのかと不安になるか方もいます。そして病院で内視鏡や胃カメラなどの検査をしても全く異常が見つからない場合は、ヒステリー球の可能性が考えられます。

ではヒステリー球の原因は何なのでしょうか?

ヒステリー球の原因は、いまだ明確ではありませんが、自律神経の乱れが原因と言われています。

自律神経とは

自律神経は、代謝・血圧・循環・消化・発汗・心拍・排尿・排便などの生命維持に必要な機能を正常に保つようにコントロールしている神経です。この自律神経は自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いています。

その自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって、私たちの身体は正常に機能するように調節されているのですが、この交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、ヒステリー球の原因になってしまうのです。

自律神経が乱れる原因は?

では、自律神経はなぜ乱れるのか?と気になる方も多いかと思います。

自律神経が乱れる原因は

  • ストレスや疲労の蓄積
  • 生活習慣の乱れ
  • 不良姿勢

などがあります。

人間関係や仕事のプレッシャーなど、ストレス社会を生きる上で自律神経が乱れやすくなっている現状があります。

また、食生活の乱れや運動不足、不規則な睡眠などの生活習慣や、スマホ・デスクワークによる不良姿勢による影響など、私たちの日々の生活において、自律神経が乱れる原因はたくさんあるのです。

ヒステリー球と吐き気の関係は?

では、ヒステリー球と吐き気には何か関係があるのでしょうか?

実は吐き気の原因のひとつに自律神経の乱れがあるのです。

吐き気の起こるメカニズムとしては、脳の延髄というところにある嘔吐中枢が刺激されると、吐き気を感じたり嘔吐したりします。

自律神経が乱れることでなんらかの刺激が入り、吐き気をもよおすのです。

ヒステリー球と吐き気は自律神経の乱れという共通の原因があることから、喉の症状と併発して吐き気の症状が出ても何ら不思議ではありません。

まとめ

3f111412c5666a332ea942377ef18c75_l

いかがでしたでしょうか?

喉の症状と吐き気があり、病院で検査を受けても異常がない場合はヒステリー球の可能性があります。つまり自律神経が乱れている可能性があるのです。自律神経の乱れは、吐き気以外にも、たくさんの体の不調につながますので、もし心当たりがあるのであれば、一度生活習慣を見直しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加