メニエール病の症状を一挙説明!これで疑問はなくなります!

メニエール病症状
あなたの症状もしかして・・・!?
突然のめまいでビックリした経験はありませんか?横になっていたら治まったし大丈夫と思いませんでしたか?しかしそのめまいと一緒に耳にも違和感を感じていたならそれはメニエール病かもしれないですよ??
メニエール病の初期症状
メニエール病は進行してしまうと難しいですが、初期の段階であれば完治するといわれています。めまいや耳鳴りがしても、体調が悪いから。疲れているから。と思って見落としてしまうかもしれません。
症状の出方や頻度も違い、耳鳴りやめまいが起きても次の発作が起きるのが数週間後の場合もあれば数か月後や1年後という人もいるので、よほどひどい症状にならなければ病院を受診するに至れず、初期症状のうちに気づくのは難しいものです。
ほったらかしにし過ぎて進行させてしまうと治療にも時間が掛かりますので、この記事をよんで参考にして頂ければと思います。
主な症状
回転性めまい
メニエール病にみられるのは回転性のめまいです。ぐるぐると天井が回る様に感じて目が回るようなめまいで、あまりのめまいに吐いてしまうこともあります。
乗り物酔いをイメージすると分かりやすいです。めまいは、1時間から時には1日以上も症状が持続することがあります。
メニエール病の代表的な症状がめまいです。きっかけも何も無しに突然ぐるぐる回る激しいめまいが起き、平衡感覚がおかしくなり、立っていても横になっても辛いという状態が続きます。
耳鳴り
メニエール病で生じることの多い耳鳴りには、以下のようなものがあります。
・ブーン 低音 耳の近くを小さい虫が飛んでいるような音がします
・シャー 低音 水が勢い良く流れるような音
・ジー  低音 セミなどの虫が鳴くような音
・キーン 高音 カラオケなどでする高い音です。
音の聞こえ方や表現は人それぞれですし症状の出方も必ずしも一致するとはとは限りませんのでご注意下さい。
多くの人はめまいの発作に続いてひどい耳鳴りを感じます。発作がおさまると共に耳鳴りもおさまりますが、耳鳴りの発作を何度も繰り返していると、いつでも耳鳴りがしている状態になってしまいます。原因のひとつとして、気圧も関係するといわれています。
頭痛
頭が重く、おさえつけられたような圧迫感のある頭痛を感じます。めまいと共に強い頭痛が起きた時は一刻を争いますので、早急に病院を受診するようにしてください。どなたかと一緒にいくか、救急車を呼ぶことも考えてください。
難聴
メニエール病には特徴的な難聴の進行パターンがあります。初期の場合は、片耳に症状が出ることが多いです。
・低音域の障害・・・初めは低い音や声が聞き取りづらくなります。
・高音域の障害・・・さらに症状が進行すると、高い音や声が聞き取りづらくなります。
・全音域の障害・・・その後は、低音域と高音域の両方の音が聞き取りづらくなります。
・両側の障害 ・・・最終的には反対の耳にも難聴がみられるようになります。
難聴のケースも人それぞれですが、どなたでも最初は低温が聞き取りづらくなるようです。
吐き気
めまいを起こすと、乗り物で酔った時と同じ状態になり、実際に吐いてしまう人もいます。めまいが起きてないのに、吐き気だけするという場合もあります。
症状の特徴
メニエール病の特徴は、上記の症状を不規則に何度も繰り返すという点にあります。特に初期の場合は、症状がでても数日から数週間で症状が改善します。
しかし繰り返していくと、この期間が短くなり症状の持続時間が長くなっていきます。
そのため、治ったと勘違いして治療が遅れると、メニエール病が進行してしまいます。
メニエール病の初期症状は日々のケアで対策!
メニエール病の治療方法は通院、薬、手術など様々な方法がありますが、何よりも初期の段階から日々のケアで早期対策することが大切です。
めまいや耳鳴りが気になってきた・・・。という方は、日々の習慣で対策する方法として、普段の食事、姿勢などの見直しや日常生活のストレスなども要因になりますので、少しずつでいいので改善していけるように努力してみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加