胸郭出口症候群に効果アリ!マッサージ&ストレッチ|

「胸郭出口症候群はどうしたら治せるの?」

「自分でできる事はなに?」

胸郭出口症候群の症状が出ている場合は傷を治すのとは違い誰も正確にはわかりません。

しかしテスト法などで結果が出た場合にはこれと決めて対応できます。

ここでは、胸郭出口症候群の治し方を紹介していきますね。

症状にお困りでなんとかしたいとお考えのあなたの参考になると思います。

胸郭出口症候群の種類

胸郭出口症候群といっても様々あります。大きく分けると、

  • 神経と血管が圧迫されて起こる圧迫型
  • 神経と血管が引っ張られて起こる牽引型

の2種類です。

また障害されてしまう場所によっても3つに分類されます。

斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

斜角筋とは頚椎と呼ばれる首の骨から第1肋骨と第2肋骨についている筋肉です。

この場合は、斜角筋が硬くなるなど、緊張してしまう事で神経や血管が圧迫されてしまう症状です。

前斜角筋か中斜角筋、もしくはその両方が過緊張したことにより、斜角筋隙と呼ばれるその隙間を通る神経や血管が圧迫されて起こります。
血管が圧迫されていれば、レントゲン検査で血液造影すると診断されやすくなると思います。

症状が急激に現れることは少なく、この場合も肩こりくらいですが、徐々に指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。
さらに悪化すると、指先や手の感覚異常、ペットボトルのキャップが開けられないというような力が入りにくいなどの症状も現れます。
吊革につかまる、高い所に洗濯物を干すように手を挙げたり、重い荷物を肩に掛けたりすると悪化し、お風呂などで温めると楽にな場合がみられます。

交通事故や転倒、ラグビーやアメフトなどのスポーツ、格闘技などで急激な強い力で首を伸ばされたり、曲げられたり、捻られたりしても起こりますが、それ以外の方でも頚椎の変位が原因になっている方が多くいらっしゃいます。ほとんどの方の症状が改善することから、頚椎の変位が斜角筋症候群の原因にもなっており、日常生活における不自然な姿勢や身体の使い方に合わせて変位が生じてしまい、長い間斜角筋に負担を掛け続けた結果、斜角筋が過緊張してしまったと考えられます。

神経型の症状

神経が挟み込まれて圧迫される事で起こる症状です。
一般的には首や肩の辺りの症状から始まり、腕や手、指の方に広がるとされています。

  • 首や肩、肩甲骨の間、胸の前上部辺り(前胸部)の痛み、うずくような不快感
  • 手や指、腕のしびれ、なまったような感じ
  • 手指、腕に熱感(熱い感じ)や冷感(冷たい感じ)がある
  • 脱力感

初めは物を持ち上げたり家事をしたりなど労作時に症状が出ますが、次第に何もしなくても常に症状を感じるようになります。

動脈型の症状

鎖骨下動脈が圧迫される事で血液が流れにくくなることで起こる症状です。

  • 手や肩、指のむくみ
  • 色が青白くなる
  • 痛み

冷たい場所に行くと、指が青白くなりしびれを感じる事もある「レイノー症候群」と呼ばれる症状が出る場合もあります。

肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

鎖骨と第1肋骨の間の隙間を肋鎖間隙といいます。
この隙間を神経や血管が通っており、ここで圧迫を受けて症状が出るものを肋鎖症候群と呼びます。

この症状の特徴は鎖骨が下がってしまう事で起こりやすく、なで肩の女性や猫背の方に多くみられます。

物理的に鎖骨と肋骨の間で神経や血管が圧迫を受けて、肩、腕、手、指や背面に痛みやしびれなどが表れるというのが、肋鎖症候群の症状です。
症状から肋鎖症候群とそうでない疾患を見分けるための特徴を把握しておくと良いでしょう。

症状が急激に現れることは少なく、この場合も肩こりくらいですが、徐々に指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。

さらに悪化すると、指先や手の感覚異常、ペットボトルのキャップが開けられないというような力が入りにくいなどの症状も現れます。吊革につかまる、高い所に洗濯物を干すように手を挙げたり、重い荷物を肩に掛けたりすると悪化し、お風呂などで温めると楽にな場合がみられます。

肋鎖症候群であっても肩の両側に痛みが起こる場合はありますが、脊髄性疾患の場合もあります。

脊髄性疾患の場合は進行すると治療も難しくなる可能性もありますので、医療機関で診断を行って下さい。

胸郭出口である鎖骨中央から外へ抜けた神経や血管が、鎖骨と肋骨の間で圧迫を受けてしまい血行不良に陥ってしまった状態ですので、血流が不足すると筋肉の各部位に痛み物質が発生するため、肩こりとして知覚されることもあります。

肋鎖症候群の場合は比較的後天的な原因の影響が強いと言えます。

習慣性の首から腕にかけての過労からくる血行不良、姿勢や老化などによる骨格の変位、怪我などで鎖骨や肋骨を骨折した後の変形などが肋鎖症候群になりやすくなる原因になってきます。

女性に多いとみられるのが、筋・筋膜過労です。筋・筋膜過労は炎症を引き起こしている状態ですので、筋肉の膨張や硬くなってしまうことから血管を圧迫して血行不良、次いで代謝異常などになってしまいます。

仕事で日々重い荷物を背負わなければならない方々も日頃から肩こりだからと簡単に思わずに疲労を取るようにしましょうね。

小胸筋症候群・過外転症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん・かがいてんしょうこうぐん)

小胸筋とは胸の前にあり、少し深い場所にある筋肉です。

この小胸筋のすぐ下を神経や血管が通っているため、腕を真横に挙げて伸ばされた時に圧迫を受けてしまい症状が起こります。

症状が急激に現れることは少なく、この場合も肩こりくらいですが、徐々に指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。
さらに悪化すると、指先や手の感覚異常、ペットボトルのキャップが開けられないというような力が入りにくいなどの症状も現れます。
吊革につかまる、高い所に洗濯物を干すように手を挙げたり、重い荷物を肩に掛けたりすると悪化し、お風呂などで温めると楽にな場合がみられます。

なで肩の女性や上半身を特に鍛えている方に多いと言われていますが、それ以外の方も含めて小胸筋症候群と診断された方を
診てみると、ほとんどの方にある共通点が見つかります。

胸郭出口症候群になりやすい姿勢

胸郭症候群になりやすい姿勢は大きく分けて3つあります。

  • 背骨が丸まり頭部が前方に突出した姿勢

気づかないうちに背中が丸くなり、頭が前に出た座り方で長時間仕事などしていませんか?

この姿勢を長期間続けていると首の筋肉は緊張したままになっています。

なぜなら首と顔の重さを、肩甲骨から首の骨についている筋肉が通常よりも負担をかかえたままで支えているからです。

ここで取り上げる胸郭出口症候群の原因とされる斜角筋群も、この首を支えている筋肉に含まれています。

常にこのような姿勢でいると、首と頭を支えるために緊張しっぱなしの斜角筋が、神経や血管の通り道である隙間を狭くして、圧迫して腕や背中に症状が出る可能性は非常に高くなりますね。

この状態はどんな姿勢、骨格の構成の方にも当てはまってきます。

なので、頭が前に移動している場合は位置の改善が不可欠になってきますので要注意ですよ。

  • いかり肩

いかり肩の場合は、斜角筋隙という神経や血管の通り道が狭くなりやすいため、胸郭出口症候群になりやすいと言われています。

鎖骨や第一肋骨や肩甲骨が高い位置にあるため自然と隙間を狭めやすくなっているんですね。

体の構造上、生まれつきの方もおられますが、常に肩に力が入ってしまいこのような状態が癖になってしまっている場合も多いです。

この時、重力により鎖骨や第一肋骨、肩甲骨が下方に引き下げられる力に対して、頸部の筋肉が強い力で引き揚げているために生じていると考えられます。

そのため頸部の筋肉は発達し過ぎてしまい、斜角筋隙が狭くなり、神経や血管が圧迫され、胸郭出口症候群の症状が出やすい状態になっています。

こういった方は、特に斜角筋群の筋肉を緩めることができれば症状は改善しやすくなります。

  • なで肩

この場合の胸郭出口症候群の症状が出ている方が最も多いとされています。

なで肩の人は肋鎖間隙での障害が多いです。

なで肩の場合は、いかり肩とは反対に、鎖骨や第一肋骨や肩甲骨が低い位置にあります。

これはいかり肩とは逆で、重力により、鎖骨や第一肋骨や肩甲骨が下方に引っ張られる力に負けている状態と考えられます。

第一肋骨は胸骨や肋間筋などにより支えられておりそこまで重力の影響で下方に引っ張られることはないのですが、鎖骨は宙に浮いている部分が多いため、重力で下に引っ張られる力の影響を受けやすいです。

そうすると、第一肋骨と鎖骨で構成される肋鎖間隙が狭くなり、その部分を通っている神経や血管が圧迫され胸郭出口症候群の症状が出やすくなるというわけです。

こういった方は、肩甲骨や鎖骨を引き上げる作用のある僧帽筋の筋力トレーニングなどを行うと症状が改善しやすいです。

胸郭出口症候群の症状を改善するためには、まずはどこの隙間で障害が起きているかえお特定して、原因となっていそうな生活習慣や、姿勢を改善していく必要があります。

特に生活習慣に関しては、しばらく症状の出ている腕で重いものを持たないようするパソコンやスマートフォンを時の使用する時の姿勢を気を付ける、だけで症状が軽減したりもしますのでできる事から始めましょう。

自分で改善しようにも仕事の関係上難しいという方はやはり専門家に相談して、一緒に改善していくことをおすすめします。

胸郭出口症候群のセルフストレッチ

斜角筋のストレッチ

  • 椅子に座り、右手で椅子の座面を持って身体を安定させる。
  • 姿勢は正したまま、左斜め下前方向に頭を倒してストレッチをかける。
  • 次に頭を左真横に倒してストレッチをかける。
  • 次に頭を左斜め後方向に倒してストレッチをかける。
  • これを左右同様に、各30秒~1分ストレッチしましょう。
  • ポイントとして、呼吸を止めないことと、強く伸ばさずに少し伸びてると感じるところでキープすることです。これを1~2時間おきにおこなうと良いでしょう。肩こりを感じる方にも効果的ですよ。

小胸筋のストレッチ

  • 腕を90°挙げて壁などに当てる。
  • 腕を当てたまま、体を腕と反対方向を向く。
  • 痛みが無く、胸が伸ばされていると感じるところで30秒間キープする。

胸郭出口症候群のツボマッサージ

斜角筋や小胸筋は自分の指や指の関節で行うことができますので、軽く圧迫、もしくは圧迫しながら外に向かって円を描くように擦ってみてください。

痛みや痺れの症状が軽減する場合は、継続して行ってみてください。

  • 中府(ちゅうふ)

「中府」は鎖骨の外側の端にある骨の突起(烏口突起)から指一本分下にあるツボです。ちょうど小胸筋の上に存在していることから、中府をマッサージすることで小胸筋のリラックス効果が得られます。

また、中府は肺の経絡(けいらく)に属するツボとされています。胸郭出口症候群の方では、手の痺れなどの症状以外にも呼吸の浅くなっている方も多いので、深呼吸しながら優しく押さえてみましょう。

  • 気海(きかい)

全身の気を補う効果があると言われるツボです。

東洋医学的な観点からも、呼吸は全身に気を運搬するための活動でありこれがうまくいっていないと、生命活動を行うためのエネルギーが不足する要因となると考えられています。

ここは優しく押さえるだけで大丈夫です。手を温めてから触るとより良いですよ。

こうしたツボへのマッサージや首のストレッチ、深呼吸を合わせてすると効果的です。ぜひ試してみて下さい。

日常生活の改善

毎日の生活でいえば、デスクワークの場合は背中が丸まらないように、モニターの高さをできるだけあげて目線をおこし、キーボードをなるべくお腹の前にもってくることで肩を巻き込まないようにできるので効果があります。日々の負担を減らせるといいですね。

椅子の高さも大事です。膝は90°になるといいです。

まとめ

当院にも「胸郭出口症候群」の患者様は多く来院されています。

原因は胸郭出口の部分の圧迫だけという方はあまりおられず、血液循環の低下、内臓疲労により姿勢が崩れていて圧迫されやすい姿勢になっている方がとても多いです。

当院ではそうなってしまった体を調整し負担のかからない方法であなたの症状を改善するお手伝いができます。全身症状に目を向けて調整していくことで、今後不安なく生活できるようにしていきますのでご安心ください。

あなたがもし、今ある症状を根本的に解決したいという場合はいつでも当院にご相談ください。

この記事を通してあなたの改善のお役にたてれば嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加