側弯症を治療すために大事なお話です!

 

「幼少期から背骨が左右にカーブしている。」

「子供の頃は分からなかったけど仕事場の健康診断で側弯症だと言われた。」

「側弯症にも色々な種類があるの??」

このように小さいお子様から成人されている方まで、あなたと同じように側弯症だと医師の診断を受けている方はとても多いです。気づいたタイミングや目に見えてカーブが出てくるタイミングは人それぞれですが、あなたが悩んでいる事は多くの方も同じように悩んでいらっしゃいますよ。

側弯症とはどのような種類があり、どのような状態になるのでしょうか??

コルセットを勧められ、酷くなったら手術・・・このような説明しか受けておらず自分で何かできないかとお考えのあなたには大事にして頂きたい「3つの重要事項」があります。

その3つを少しずつでも自分のものにしてもらう事ができれば、これから改善しようと思っている場合でも何をしていいかを迷っている場合でもあなたのお役に立てると思うので、参考にしてみて下さいね。

ストレッチやマッサージではなかなか改善が思うようにいかないと考えている場合には整体の可能性についても書かせて頂きますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

側弯症とは??

側弯症とは、脊柱が側方に歪んでしまう事を言います。脊椎は頚椎×7、胸椎×12、腰椎×5の24個の骨が重なりあって構成されています。正常な脊椎は前から見ると直線状に見えますが、横から見ると頚椎は前、胸椎は後ろ、腰椎は前にカーブしています

これを生理的湾曲(せいりてきわんきょく)と言います。

多くの場合、前後への変化はあまり見られません。脊椎が左右どちらかへのカーブを描いてしまう事です。

そして脊椎が側方に歪むだけではなく、右へ側方カーブになってくると左に捻じれ、左に側方カーブしてくると右に捻じれるといった複合的な状態になっている場合がほとんどのようです。

さらに進行すると肋骨の正常な動きも妨げられてしまい、肺を大きく使うことが困難になってしまい呼吸機能に障害をきたしてしまいます。これにより呼吸量が低下するので更に自己回復力も低下してしまい息苦しさ・肺活量の低下なども起こってしまい猫背が持続してしまったり睡眠の質も良くなくなります。

また側弯することで、カーブの内側は窮屈になってしまうこともなんとなく理解していただけますか?

窮屈になってしまうと脊椎と脊椎の間から出ている脊髄神経を圧迫してしまうことで、痺れやマヒなどの神経障害を起こしてしまうこともあります。このように側湾症が進行していくと、心理的なストレスの原因にもなりますし、腰痛や背部の痛み・痺れの症状もでてきてしまい改善困難になってしまう場合がとても多いようです。

側弯症は「構築性側弯症」「機能性側弯症」の二つに分類されます。

「構築性側弯症」とは??

「構築性側弯症」に分類されるものに特発性側弯症があります。

この特発性側弯症は全体のおよそ8割を占めるといわれていますが、はっきりとした原因は分かっておりません。というよりは、原因が分からない側弯症が「特発性側弯症」に分類されています。

脊椎自体に異常があり、姿勢を変えても矯正できない側弯症のことをいいます。このうち約9割は、現在でも原因が不明とされています。

  • 先天性側弯症・・・生まれつき脊柱に異常がある事で側弯症になっているものを言います。
    側弯症と共に、内臓に異常があることも多くあります。
  • 症候性側弯症・・・病気になって起こる側弯症を言い、さらに病気の種類で分けられます。

    ①神経原性側弯症
    神経原性側弯症とは、神経障害で神経が麻痺したために、脊柱を支える筋肉が使えず背骨を支えきれなくなり曲がったものです。

    ②筋原性側弯症
    筋原性側弯症とは、筋ジストロフィーなどの筋肉の病気からくる側弯症です。

    ③間葉系の病気による側弯症
    細胞や細胞間に生まれつき結合組織に異常があるために起こる側弯症です。

    ④その他の側弯症
    放射線治療後、火傷などのケロイド、外傷後の脊髄麻痺後、くる病などの代謝疾患などの様々な原因で側弯症になります。

その他の原因による側弯症

  • 脊椎側弯症
  • 乳児期側弯症
  • 学童期側弯症
  • 思春期側弯症

これらが特発性側弯症に振り分けられる場合ですね。

「機能性側弯症」とは??

機能性側弯症とは体を歪ませている根本的な原因によって、姿勢不良・脚長差・内臓の位置異常・骨盤の傾きなどの延長上で起こる側弯症のことを言います。

ほとんどの機能性側弯症は、立った姿勢だと側弯がみられますが、横になると側弯が無くなります。
機能性側弯症は、どちらかと言えば軽度な側弯症なので根本原因を取り除く事ができれば改善がみられますよ。

  • 習慣性の不良姿勢によるもの
  • 腰椎椎間板ヘルニアなどの痛みによるもの(椎間板ヘルニアの治療で改善)
  • 骨盤の傾斜によるもの(脚長差、股関節の病気など。原因改善で軽減)

側弯症の多くは、成長期の子供に発症しますが、自覚症状が乏しいため、初めは本人も周りの人達も気づかないことが多く見受けられます。外見の変化が明らかになるころには、脊椎の変形が相当進んでいる場合もあるので、治療のタイミングを逸しないためにも早期発見が大切です。

側弯症の治療

整形外科などでの治療

脊柱側弯症の治療は、定期的経過観察、装具治療、手術治療の3つに分けることが出来ます。目的は側弯の進行を防ぎ、矯正することです。

定期的経過観察

背骨のレントゲンを撮りコブ法によるコブ角をもとに、20~25度と比較的コブ角が小さい場合には経過観察で様子を見ることが多いです。
※コブ角とは側弯症で湾曲した脊柱の変形を度数で表したものです
軽度では、そのまま湾曲が進まない、または自然治癒する場合が約8割。残りの2割は、成長とともに進行するタイプです。
どちらかのタイプかを判断するために、3~6か月後に一度レントゲンを撮り進行の有無の経過観察が行われます。
進行性の側弯症と判断された場合や、初診時におよそ30°以上の湾曲がある場合は、成長期が過ぎるまでコルセットを装着して進行を予防するのが一般的です。
また、コブ角が30度以上でも、15歳くらいで骨の成長が止まってきている場合では経過観察になる場合もあります。

装具による治療

中程度のコブ角25~40度の時は、装具(コルセット、ブレース)によって進行を防ぎます。

基本的には、お風呂と運動時以外は1日中着けます。 定期的にレントゲンで検査しコルセットの調整や、着けている時間の変更などを行います。

装具を着けている時は、3~4か月ごとにレントゲンで状態を把握します。 装具による治療の目的は側弯症の進行予防です。

しかし、装具によって曲がった背骨を正常な状態に治すことはできません。

骨が成長する時期に装具を着けることで側弯が酷くなることをを抑え、骨の成熟が終わった頃に装具を外します。

手術による治療

側弯の進行予防が第一目的になります。
進行の確率は、10~12歳の場合は、コブ角30度以上は90%、コブ角60度以上は100%進行すると言われています。

重度の側弯症では、脊柱と胸郭の変形により肺が圧迫され、日常生活には影響がありませんが、動作時に息切れが起こる程度の肺機能の低下が起きます。

また腰痛、背部痛も起きやすくなります。

骨の成長が終わっても(18~20歳以上)もコブ角40度以上の側弯症は年間0.5°~1°程度進行すると言われています。

もう一つは外見上の目的で行われます。
側弯症の方々は 対人関係に対して消極的になると言われており、側弯がひどくなるのと比例して、その感情もひどくなると言われています。
なので精神的健康獲得のために手術を行う場合もあります。

手術はメリット、デメリットがあるのでよく医師と相談して決めるべきでしょう。

日常生活では何を心がけるべき??

食事

  1. 必要な栄養を取る
  2. 不必要なものは取り過ぎない

ことです。

食事は毎日のように食べていることなので、からだへの負担がかかりやすいです。

まずは、栄養素をバランスよく摂取するように心がけましょう。特に大豆の発酵食品は腸と自律神経の改善にはとても効果がありますので、意識して摂取するように心がけましょう。

そして、食べ過ぎや早食いに注意して、腹八分目で終わりにしましょうね。

一度、普段自分の口の中に入れるものに注意してみてください。

インスタント食品はなるべく避けたほうがよい食品のひとつです。

睡眠

睡眠不足や、睡眠の質が低下していると、睡眠をとったとしても疲労が完全に抜けきらず、どんどん蓄積されていき緊張型頭痛などの症状が起こってしまいます。

これは、自然治癒力に大きく関係してきます。

腹式呼吸をすることにより、睡眠の質が上がるので、睡眠時間が短くても体の回復度は全然違います。

  1. 上を向いて寝転びます
  2. おへその上に手を置きながら、口からゆっくりと息を吐いていきます
  3. 鼻から息をすう(お腹を膨らませることを意識する)
  4. 再度、口からゆっくりと息を吐いていく(吐く時の3倍ぐらい長さを意識して)
  5. これを3回繰り返す。

一度試してみてください。

睡眠の効果としては、下記のようになります。

  1. 脳と肉体の修復
  2. その日起きたことの整理と定着

脳とからだの修復とは、睡眠状態に入ると、成長ホルモンなどの様々なホルモンが分泌され、体の矯正や損傷部位を修復する作業が行われます。

起きている間に大きな負担があると細胞が傷つき機能低下を起こしてしまいます。その機能を回復するのが、睡眠中なんです。

睡眠中に効率よく新しい細胞を生まれ変わらせているんですね。

ストレスなどの精神的な問題も脳の情報となってきます。

ストレスは美容や健康にも影響しますので、ストレスを溜め込まないことも重要です。

睡眠をとることでストレスになっている情報も整理されるため、からだへの負担も減ってきます。

  1. 食事は寝る3時間前には済ませる
  2. お風呂は40°から43°にする
  3. 光の調節

この3項目は良い睡眠には必要な事なので心がけましょう。

運動

効果としては、

  1. 血流を良くする
  2. 脳を活性化する
  3. 体内でミトコンドリアを生成する
  4. 骨の生成がスムーズになる
  5. 心肺機能の低下防止

このように、適度な運動は体に良い影響しか及ぼしません。

普段あまり運動をしていない方は、少しずつ運動を始めてみませんか?

まとめ

あなたの側弯症を改善する為にはまず日常生活を見直してもらう必要があります。

本当の意味での根本を治療しようと思えば、脳、神経、血管、リンパ管、内臓、骨、筋肉などから根本原因を検出し、様々な角度からアプローチができて、その原因を治療することが「根本治療」になります。

体を良い状態にする事で施術が余る事無くあなたの体に浸透しやすくなります。

症状を改善するだけでなく、人間本来が持つ自然治癒力(自分で治す力)が高まりますので、運動のパフォーマンス向上、風邪などの病気にかかりにくくなる、代謝が上がり、寝て起きたらスッキリとできる体作りができますよ。

その状態を続けることで側弯症で諦めていた着たい服も、やりたい仕事も諦めなくて済むようになるはずです。

あんたが本気で側弯症を改善したいと思い、誰かを頼りたいとお考えでしたらいつでもご相談下さい。

きっとあなたのお役に立てるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加