ヒステリー球かどうかセルフチェックしてみましょう!!

喉の違和感を感じていませんか?

「何か詰まった感じが続いている」

ヒステリー球になると、喉の違和感や何かが詰まったような感じがしたりと、喉に症状が出ます。

もしあなたが喉に違和感を感じているのであれば、今回の内容はきっとお役に立つかと思います。

今回は「ヒステリー球かどうかセルフチェックをしてみましょう」という内容でご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

ヒステリー球とは

医者 問診

まず、ヒステリー球とは何か?

ヒステリー球とは、喉に違和感や不快感が出る状態です。例えば、風邪を引いた時に出る喉の不快感や痰が絡むような感じに似たような症状です。喉に症状が出るので「風邪かな?」と思う方が多くいます。さらに、「咽頭がんや食道がんなど悪い病気ではないの?」と不安になる方も多くいます。

しかし、ヒステリー球では、内視鏡検査や胃カメラなどの検査をしても風邪はもちろん特に何の異常もないのです。

これがヒステリー球の特徴で、喉に症状が出るのですが、耳鼻科や内科で検査をしても異常がないのです。

そんなヒステリーですが、なぜヒステリー球という呼び方なのか?

ヒステリー球は、喉に「球が詰まった感じがするが異常がない」ということでヒステリー球と言われています。別名「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょうとも言います。

中国では、梅の種が喉につかえているような感じがすることから、梅核気(ばいかくき)とも呼ばれています。

ヒステリー球の原因は?

ヒステリー球の原因は何か。

実はまだ解明されていませんが、自律神経の乱れが原因と言われています。

自律神経とは?

自律神経は、交感神経副交感神経の2つに分けられ、人間の生命維持に必要な、代謝・循環・消化・発汗・心拍・排尿・排便などの機能を正常に保つようにコントロールしている神経です。自律神経は自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いているのです。

交感神経

交感神経が優位になる時は、主に日中、仕事やスポーツをしている時など、興奮状態や緊張状態にある時などです。

交感神経が優位に働くことで、心臓や血管、血圧などをコントロールして、全身の細胞に栄養や酸素の供給量を上げて、体が動きやすい状態、活動しやすい状態にしてくれているのです。

副交感神経

副交感神経が優位になる時は、主に夜間で、食事の時や、入浴中、休息時、睡眠時などで、身体がリラックス状態にある時です。

つまり、副交感神経はリラックスの神経です。副交感神経が優位に働くことで、ゆっくりと大きな呼吸になり、血管を拡張させて、心拍を抑制し、血圧を下げることで、ゆっくりと血液を循環させます。

 

普段の私たちの身体の中では、このようなことが常に自動的に行われています。

交感神経と副交感神経がバランスよく働くことにより、私たちの身体は正常に機能するように調節されているのです。

この自律神経がバランスよく働かなくなると、ヒステリー球の原因になってしまうと言われています。

あなはヒステリー球なのかセルフチェックをしてみましょう

まずは症状チェックです。

  • 喉が詰まったような感じ
  • 喉に何か付いているような感じ
  • 喉に何かできものがある感じ
  • 喉がゴロゴロする
  • 喉に何か刺さっている感じ
  • 痰がくっついているような感じ
  • 喉の閉塞感
  • 吐き気

など、主に喉の症状があり、痛みというよりも違和感の方が強いです。

こういった症状があるうえで

  • 病院へ行って検査をしても異常なしと言われた

ヒステリー球の特徴である、検査は異常なしというところがポイントとなります。

これらに当てはまるのであれば、ヒステリー球の可能性が考えられます。

また、ヒステリー球の原因と言われている自律神経の乱れは、

  • ストレスが溜まっている
  • 生活習慣が乱れている

などが原因で起こります。

性格によってストレスの受け方は変わります。ですので性格によっても自律神経が乱れやすく、ヒステリー球になりやすいこともあるのです。人によって性格は違い、十人十色。その中で、ストレスを受けやすい性格をご紹介しますので、セルフチェックしてみてください。

  • ①真面目・神経質タイプ

何事にも真面目に取り組むタイプです。このタイプの人は、責任感が強く負けず嫌いです。何でも粘り強くこつこつと行ない、自分ひとりで抱え込んでしまうことが多いです。いい加減なことができないため、ついつい頑張り過ぎてしまう性格です。

  • ②感情抑制して人に合わせるタイプ

感情表現が苦手なタイプです。頼まれたことは断り切れず、何でも引き受けてしまいます。真面目で何事にも真剣に取り組むため、周囲からの信頼もあついです。しかし、出来ない事も出来ると言ってしまうので、余分なストレスを受けやすい性格です。

  • ③妥協しらずの完璧主義タイプ

常に自信を持って、理想が高く、完璧を目指すタイプです。このタイプの人は、周囲との衝突が起きやすく、それがストレスになってしまいます。また、自分がうまくいかなかったときに受けるダメージも大きくなります。

  • ④マイナス思考で内向型的タイプ

マイナス思考で、細かいことをいちいち気にするタイプです。すぐ落ち込みやすく、自分のダメな部分に目が向きやすいタイプです。劣等感が強く、思考の悪循環に陥りやすい性格です。

このように、性格によってストレスの受け方が違います。

どれかにチェックが入っていればストレスを受けやすく自律神経が乱れやすいので、ヒステリー球の原因となりやすいです。

まとめ

3f111412c5666a332ea942377ef18c75_l

セルフチェックはいかがでしたでしょうか?

ヒステリー球の最大のポイントは、「喉の症状があっても異常がない」というところです。

さらに、性格的な部分や生活習慣も影響しますので、今回のセルフチェックの内容を是非参考にしてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加