頭痛が出る蓄膿症は、頬や目の奥などいろんな場所が痛くなる??

蓄膿症と言っても、鼻の症状に限らず、頭痛が出たり、臭いを感じたり様々な症状が出ます。

痛みの場所も、おでこや頬など、顔のいろんな場所が痛くなります。

今回は、蓄膿症の症状や痛みの出る場所について説明していきますので、参考にしてみて下さい。

蓄膿症とはどんな病気?

まずは蓄膿症がどういうものか説明します。

風邪などをきっかけに、ウイルスや細菌などの感染によって副鼻腔に炎症が起こります。この状態を「副鼻腔炎」と言います。

この副鼻腔炎が慢性化することで、副鼻腔に膿が溜まったてしまいます。この状態を「蓄膿症」と言います。別名「慢性副鼻腔炎」とも呼ばれます。

一般的には、症状が1カ月以内に治まるものを「急性副鼻腔炎」と言い、症状が3カ月以上続く場合は「慢性副鼻腔炎」つまり「蓄膿症)」と言われます。

慢性化する大きな原因としては、副鼻腔と鼻腔をつなぐ穴が狭くなることや、繊毛の機能低下などが原因とされています。

副鼻腔とはどこ?

では炎症が起こる副鼻腔についての説明です。

鼻の真ん中には、鼻中隔(びちゅうかく)という仕切りがあります。この鼻中隔の左右の空洞を副鼻腔(ふくびくう)と言い、それぞれ4つの空洞からなります。

前頭洞(ぜんとうどう)

前頭骨の内部にあり、鼻の上方、おでこの下部にある空洞です。

上顎洞(じょうがくどう)

ほっぺたの骨の裏にある空洞で、副鼻腔で最も大きいのがこの上顎洞です。

篩骨洞(しこつどう)

両目の間の裏にある空洞です。

蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)

鼻の奥の一番深いところにある空洞です。

このように、副鼻腔は左右それぞれ4つの空洞により構成されており、全ての空洞が細い穴によって鼻腔に通じています。これらの副鼻腔は、薄い粘膜で覆われおり、粘膜の表面には繊毛(せんもう)と呼ばれるものが密集しており鼻水を排泄する役割があります。副鼻腔の中は、通常は空気で満たされているような状態です。

蓄膿症はどんな症状が出るの?

蓄膿症の症状です。

  • 鼻水
  • 鼻詰まり
  • 鼻声
  • 粘り気のある鼻水
  • 鼻水が黄色や黄緑色
  • 臭いを感じる
  • 後鼻漏(こうびろう)
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 頭が重い
  • 顔の奥の痛み
  • 目の間や頬っぺたの痛み
  • 臭いが分かりづらい
  • 喋り辛い
  • 口臭

など、鼻の症状以外にも頭痛や頭重感、顔の痛みなど様々な症状が出るのです。それによって、喋り辛かったり、口臭がしたりといったことにもつながってくるのです。

顔のいろんな場所が痛くなるのはなぜ?

なぜ顔のいろんな場所で痛みが出るのでしょうか?

それは、どの副鼻腔の場所で炎症が起きるかによって症状の出る場所が変わるのです。

例えば、前頭洞で炎症が起きている場合は、おでこから眉間にかけての痛みを感じます。篩骨洞で炎症が起きている場合は目の奥に痛みを感じます。これらの痛みは頭痛として訴える方もいれば、圧迫感や頭重感、目の痛みとして訴える方もいます。

片頭痛や緊張型頭痛の場合は、ズキズキするような痛みであったり、締めつけられるような痛みが出るのに対して、蓄膿症の頭痛は鈍痛が起こります。

頭痛が出る病気は蓄膿症だけではありませんので、蓄膿症による頭痛かどうかの判断は医療機関で調べてみることが確実です。

さらに、上顎洞や蝶形骨洞で炎症が起きた場合は、頬や目の奥に痛みが出ます。顔の奥や鼻の奥が痛むと訴える方もいます。上顎洞は奥歯に近い所にあるため、歯の痛みや、歯が響く感じと訴える方もいます。

このような痛みも、圧迫感などと表現する場合もあり、重度になると嗅覚障害や味覚障害が出てくるのです。

まとめ

3f111412c5666a332ea942377ef18c75_l

いかがでしたでしょうか?

このように蓄膿症の症状の出る場所は、どの副鼻腔で炎症が起きるかによって変わってくるのです。蓄膿症は様々な症状があり、いろんな場所に痛みが出て厄介なので、急性副鼻腔炎を放置せずに早めの対処が大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加