不妊症とは??妊娠しやすい体作りも紹介!

 

不妊症って何が原因で、どうやって治療するの?

不妊症にならないように何か対策はあるの?

と思っている人は多いのではないでしょうか。

今回は不妊症とは何か?妊娠しやすい体作りは?

についてお話ししていきます。

妊娠とは?

まずは妊娠について。

妊娠する時は、体内でどのようなことが起こっているのでしょうか。妊娠までの流れを簡単に言うと、

排卵→受精→着床(妊娠)

このような流れで妊娠が起こるのです。

排卵

卵子は子宮の両側にある2つの卵巣の中で卵胞という殻に包まれた状態で成熟していきます。そして卵胞が18~22mmの大きさになると卵胞の殻が破れその中から卵子が卵巣の外へと放出されます。これが排卵です。

その後卵子は卵管へと送られます。この時期は、生理が終わって1週後くらいに起こります。

受精

性行為によって膣内に射精された精子は、子宮頸管(子宮の入り口)から子宮内へ侵入していきます。1回の射精での精子の数は1億~4億と言われており、そのうち99%が子宮の前で死んでしまいます。子宮内に入り、卵管内にたどり着ける精子は数百個となります。その中の最終的に選ばれた1つの精子が卵子と結合します。これが受精です。受精した卵子を受精卵と言います。

着床

受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら7~10日ほどの時間をかけて、卵管から子宮内へと移動していき、子宮内膜に付着します。これが着床です。妊娠の成立となります。

この後受精卵は、さらに細胞分裂を繰り返しながら赤ちゃんへと成長していきます。

不妊症とは?

b4256581801ed451e55a79862ffcf6ae_lそもそも不妊症とはどういうことでしょうか?

「不妊症」とは、避妊をしないで夫婦の性生活を送っているにもかかわらず、1年たっても妊娠しないものをいいます。

健康な男女が、その性周期に合わせて性行為を行った場合、妊娠する確率は約25%といわれています。

一般的には、避妊せず通常の夫婦の性生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。

不妊症の原因

医者 問診不妊の原因は様々で女性側、男性側、あるいはその両方の場合がありますが、何も原因がない場合もあります。

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計では、40%が女性側、25%が男性側、25%が女性男性両方、10%が原因不明となっています。

女性の原因

  • 排卵障害

排卵がなければ卵子が排出されないので、妊娠は起こりません。

排卵障害の原因は、

・視床下部や脳下垂体の機能低下

・多嚢胞性卵巣症候群

・早発卵巣不全(早発閉経)

・ストレス

・極度の体重の増減

・激しいスポーツ

などです。

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵が起こらない原因で最も多いです。

  • 卵管障害

卵管の詰まりや、癒着、炎症によって妊娠できにくいものです。

卵管障害の原因は、

・子宮内膜

・クラミジア感染症

などです。

卵管障害の原因で最も多いのが、クラミジア感染症です。

  • 子宮障害

受精卵が子宮内膜に着床できないことによって不妊の原因となります。

子宮障害の原因は、

・子宮筋腫

・子宮奇形

・アッシャーマン症候群

・子宮内膜症

・子宮内膜ポリープ

などです。

  • 頸管障害

子宮頸管の粘液の分泌量が少なくなったり、精子が通るのに適していないと、妊娠が起きにくくなります。

頸管障害の原因は

・子宮の奇形

・子宮頸部の手術

・子宮頸部の炎症

などがあります。

  • 免疫障害

免疫異常によって「抗精子抗体」いう抗体が、精子を攻撃してしまうことで不妊の原因になります。

  • 原因不明

原因不明不妊は約10%と言われています。

これは、加齢などによって、精子あるいは卵子そのものの機能が低下している場合が考えられます。

男性の原因

  • 乏精子症

精液の中に精子はいるけれど、その数が少ないという状態です。

  • 無精子症

精液中に精子がない状態です。

  • 精子無力症

精子の数は正常にあるけれど、元気な精子が少ない状態です。

  • 精索静脈瘤

精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣の静脈血管に瘤(こぶ)ができてしまう状態です。

  • 無精液症

射精感があっても、実際には精液がまったく射精されない状態です。

  • 先天性精管欠損

生まれつき精管が備わっていない状態です。

  • 勃起障害(ED)

性交時に勃起が起こらない、または勃起しても一定に時間持続しない状態のことです。

不妊症の治療法

医療イメージ 注射

不妊症の代表的な治療法です。

タイミング法・排卵誘発法

妊娠しやすいタイミングを見計らって性行為をすることで、妊娠の確率を上げます。

一般的に最初の治療として行われます。

各検査を行い、予測した排卵日の2日前に性行為を行ってもらう方法です。

また、排卵がない女性には「排卵誘発剤」を使って排卵を促し、そのタイミングで性行為を行ってもらいます。

人工授精

採取した精液の中から、元気な精子を排卵のタイミングで子宮内に注入する方法です。これは、受精が行われる卵管まで到達する精子の数を増やして妊娠の確率を上げます。

人工授精は、精子の提供者によって2種類に分けられます。

・配偶者間人工授精 

配偶者が提供した精子を利用するもの

・非配偶者間人工授精 

第三者が提供した精子を利用するもの

体外受精・顕微授精

体外受精とは、女性の卵巣から採取した卵子と、男性から採取した精子を体外で受精させ、その受精卵を培養して子宮に戻し、妊娠を促す方法です。

体外受精でも妊娠が難しいと判断された場合は顕微授精の適応となります。

顕微授精は、体外受精と違い卵子と精子を体外で自然受精させるのではなく、精子を直接卵子に注入して受精させます。その受精卵を培養して子宮へ戻し妊娠を促します。

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作りをご紹介します。

睡眠

妊娠において睡眠はとても大切です。

男性

睡眠の質と精子の質は関係しています。

睡眠時間が短いと精子の質は低下します。さらに興味深いのが、睡眠時間が長すぎても精子の質が低下するということです。ここでの精子の質とは、精液中の精子の数、精子の運動率、正常精子形態率のことです。

睡眠障害のレベルと精子の質との関係性は、U字型のグラフになるということです。これは海外の論文で発表されています。

一般的に7時間の睡眠が理想的と言われています。しかし、現代の日本人の20~40歳の1日の平均睡眠時間が、6時間以下という男性の割合が半分近くいるという現状があります。これは少なからず不妊症の原因になり、少子化につながっていることかもしれません。

女性

睡眠ホルモンと言われるメラトニンが不妊症に関係します。

メラトニンの作用は、

  • 睡眠促進作用
  • 抗酸化作用

があります

不妊症に関してのポイントは、抗酸化作用があるということです。

抗酸化作用とは、体内で増えた活性酸素によって体が酸化し、細胞が壊されていきます。そして、老化や免疫力の低下、生活習慣病など、様々なところに悪影響を与えるのです。

抗酸化作用とは、活性酸素を除去して酸化するのを抑制することです。分かりやすく例えると、鉄が酸化して錆びるのを抑えるような感じです。

このメラトニンは、暗くなる夕方くらいから分泌量が増え、夜中の2~3時にピークに達します。そして朝に向かって分泌量は低下します。メラトニンは光刺激によって分泌が抑制されるという特徴があるので、日中の明るい時間帯は分泌が抑制され、夜になると分泌量が増えるのです。

このメラトニンが不妊にどう関係するかと言いますと、抗酸化作用によって卵子の質を改善し保護しているのです。これは、「メラトニン摂取で体外受精における受精率、妊娠率が上昇」という研究結果で報告されています。

つまり、妊娠しやすい体作りには睡眠が非常に大切という事です。

運動

適度な運動は、妊娠しやすい体作りにつながりますので、とても大切です。

運動の効果としては、

  • 血行促進
  • 体の冷えの改善
  • 抗酸化作用の促進
  • ホルモンバランスを整える
  • ストレス発散
  • 筋力の維持、向上
  • 基礎代謝を高める
  • 血糖値の低下

など、運動の効果は思いのほかたくさんあります。

運動不足が不妊症の一番の原因と言われるほど運動は大切なのです。

運動不足になると、血液の循環が悪くなり卵巣や子宮に送られる血液が減少します。そうなることで、卵巣や子宮に十分な栄養素や酸素が届きにくくなってしまいます。そして、機能が低下し、不妊症の原因につながるのです。

体の冷えも不妊症の原因につながります。体が冷えているということは、多くは血行が悪い状態です。運動することで血行を促進し、体が冷えないような体作りをしましょう。

また、ストレスが溜まると、自律神経が乱れて、女性ホルモンに影響を与えます。女性ホルモンは妊娠に関わるホルモンなので、女性ホルモンの乱れは不妊症の原因となります。運動することで、ストレスを発散し、女性ホルモンのバランスを整えておきましょう。

ウォーキングやストレッチ、ヨガなど何でもいいので適度な運動を心がけましょう。

食事

食事療法

食べすぎ食べなさすぎは、妊娠には良くないということは容易に想像がつくと思います。きちんとバランスの摂れた食生活を送りましょう。また、インスタント食品や、ファーストフードなどは控えた方が良いですね。

妊娠しやすい体作りに向けて、特に摂取したい食べ物を紹介します。

タンパク質

タンパク質は体を構成している主要の栄養素です。

  • 大豆製品
  • 乳製品

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。

  • モロヘイヤ
  • たらこ
  • うなぎ
  • アーモンド
  • 唐辛子

βカロテン

βカロテンにも抗酸化作用があります。

  • にんじん
  • モロヘイヤ
  • しそ
  • ほうれん草

などがあります。

ビタミンEやβカロテンは抗酸化作用があるため、活性酸素を除去し、卵子の質を良くしてくれます。また、アンチエイジングにも効果があるので積極的に摂りたいですね。

禁煙

タバコ

タバコはまさに「百害あって一利なし」

喫煙者でも体に悪いことは分かっているはずです。

女性の場合、妊婦の喫煙は、低生体重児や流産・早産の確率が高まるとも言われています。また、男性では、タバコを吸っていない男性に比べて喫煙者は、精子の数が少なかったり勃起不全のリスクが高まるなど、様々な悪影響があると言われています。

まとめ

これらを実践したからといって、必ず妊娠するわけではありませんが、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを育てていく体の環境作りは必要です。

子供が欲しいと思っている人は、運動や睡眠など食生活を見直して、妊娠しやすい体作りを目指して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加