自律神経失調症は病院へ行くべきか?行くタイミングは?

自律神経失調症とは

「自律神経失調症」と言う言葉は一度は聞いたことがあるかと思います。

自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣、更年期などが原因で、自律神経の交感神経と副交感神経がバランスを崩し、常に交感神経が優位に働いてしまいます。そして自律神経自体が正常に機能しなくなることで、体に様々な不調が出てくる状態です。

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスよく作用することで、代謝・循環・消化・発汗・心拍・排尿・排便などの生命維持に必要な機能を正常に保つようにコントロールしています。自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いている神経です。

最近では、更年期を迎えた女性以外にも、中高年の男性や、若年者にも自律神経失調症が増えてきています。

自律神経失調症は、ストレスなどの精神的な問題が原因になることが多いのですが、一概にストレスと言ってもでも、人によって感じ方が違うので、その人の性格も関係してきます。

疲労感や倦怠感、不安感や情緒不安定などの「不定愁訴」(ふていしゅうそ)を訴える場合は、病院で検査を受けても、特に原因が見つからず、その結果、自律神経失調症と診断されることが多いです。

自律神経失調症の症状

ストレートネックとうつ病

症状は様々で、主に身体的な症状と精神的な症状に分けられます。

身体的な症状

  • 慢性的な疲労
  • 倦怠感
  • 微熱
  • めまい・立ちくらみ
  • 頭痛
  • 動悸・息切れ
  • ほてり
  • 暑くないのに汗をかく
  • 吐き気
  • 便秘・下痢
  • 腹痛
  • 耳鳴り
  • 幻聴・幻覚
  • 肩こり・腰痛
  • 手足のしびれ
  • 不眠・過眠
  • 食欲の低下・過食
  • 口やのどの不快感
  • 頻尿・残尿感
  • 血圧の変動が激しい
  • 性機能の低下

精神的な症状

  • やる気が出ない
  • 集中力がなくなる
  • 情緒不安定
  • 人間不信
  • 不安感
  • 被害妄想
  • 疎外感
  • 落ち込みが激しい
  • ゆううつになる
  • 感情の起伏が激しい
  • あせりを感じる
  • 涙もろくなる

自律神経失調症は病院へ行った方が良いのか?行くタイミングは?

様々な症状が出てくる自律神経失調症。その症状の出方は人によって異なります。

自律神経失調症になったらどうすれば良いのか?病院へ行った方が良いのか?

と迷う方が非常に多いのです。なぜかと言うと、ちょっとした症状の出はじめは「ただの疲れだろう」と思うことが多いからです。そして時間が経過するに伴って、今まで感じたことのない身体的・精神的な症状が出はじめ、「なんか変だな」と思うようになってくるのです。

自律神経失調症は、放置すると症状が悪化して、うつ病になってしまうこともあります。ですので病院へ行くタイミングとしては、できるだけ早めが効果的です。

今までとは何か違った身体の感じがしてきたり、該当する自律神経失調症の症状が出てきたり、疑わしい場合は、すぐに病院へ行くことをおすすめします。

なんらかの症状が出るということは、身体からのサインです。そのサインを無視してはいけません。

しかし、自律神経失調症は、病院へ行っても簡単に診断できるものではないのが厄介なところ。

自律神経失調症を診断するには、自律神経のバランスを診る起立試験、自律神経失調症と他の病気がないか血液検査や心電図などの検査、精神的な問題が関与している場合は心理検査などが行われます。いろんな検査を行った結果、自律神経失調症と診断されるのです。

まとめ

自律神経失調症は様々な症状が出ます。また、その人によって症状の出方や度合いが異なります。

自律神経失調症は早期の適切な治療が重要ですので、疑わしい場合は、すぐに病院へ行ってください。間違っても放置はしないようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加