産後の歩けないほどの腰痛の原因は??

産後に腰痛が出る方がいます。しかも立ったり歩けないほどの激痛が。。。

こんな辛い腰痛はいったい何が原因なのでしょうか?

今回は、産後の歩けないほどの腰痛の原因についてご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

産後の腰痛

shutterstock_566486719

産後の不調のひとつに腰痛があります。

  • 歩けない
  • 起き上がれない
  • 寝返りが打てない
  • 立ち上がれない
  • しゃがめない

など、産後の腰痛が激痛すぎると日常生活の様々な場面で支障をきたしてしまいます。

徐々に痛みが強くなるパターンもあれば、急に激痛に襲われることもあります。こんな辛い腰痛はいつまで続くのか?と不安になる方も多くいます。

妊娠中の7割、産後1年経過しても6割の人に腰痛があると言われています。

産後の腰痛の原因

医者 問診

産後の腰痛の原因です。

  • 骨盤が開いたままの状態
  • 帝王切開の場合は筋肉の弱化
  • 育児
  • 睡眠不足やストレス

産後は骨盤が不安定な状態なので、それだけでも腰痛の原因となります。さらに、このようなことが原因となって、歩けないほどの腰痛が出てきてしまうのです。

骨盤が開いたままの状態

骨盤は後方には2つの「仙腸関節」、前方は「恥骨結合」という関節があります。

骨盤は、腸や子宮などの内臓を保護する働きがあり、上は背骨、下は下肢へとつながり、まさに体の土台となります。そのため骨盤には強靭な靭帯や多くの筋肉によって補強されているのです。ですのでちょっとのことで骨盤が開いたり歪んだりすることはありません。

妊娠すると分泌される「リラキシン」というホルモンの作用によって、出産をスムーズにするために骨盤を補強している強靭な靭帯や関節などがゆるんできます。

そして出産時は赤ちゃんが産道を通って出てくるので、最も骨盤が開いた状態になります。

骨盤が開いたままの状態だと

  • 血行不良
  • むくみ
  • 筋力の低下
  • 全身のアンバランス

このようなことが起こります。

骨盤が開いたままということは、体を支える土台が非常に不安定な状態となるため、歩けないほどの辛い腰痛が出やすくなってしまうのです。

帝王切開は筋肉の弱化

帝王切開の場合は、赤ちゃんが産道を通ってないので、骨盤が開いてないと思っている方がいます。しかし、先ほどもご紹介したように、骨盤を緩める作用のリラキシンというホルモンの分泌はあるので、土台の骨盤は歪みやすい状態には変わりありません。

さらに帝王切開は筋肉を切開します。お腹の筋肉は、体幹を安定させるインナーマッスルという重要な筋肉があります。その筋肉を切開することで体幹の安定性は失われます。

その結果、骨盤が不安定で、インナーマッスルもしっかりと機能しない状態となり、腰痛の原因となってしまうのです。

育児

産後は徐々にリラキシンの分泌量が低下していき、開いた骨盤は約1年かけて徐々に元の状態に戻っていきます。もちろん自然に元に戻らず、骨盤矯正が必要な方も多いです。

産後は骨盤が開いて歪みやすい状態なので、そのような時期に、授乳や抱っこなどの育児によって赤ちゃん中心の生活になるため、今までとは違った姿勢や体勢を強いられることも増えてきて、体には疲労が溜まってきます。

土台が不安定な状態で、このような生活になると、当然腰には負担がかかり、腰痛の原因となるのです。

睡眠不足やストレス

産後は、赤ちゃん中心の生活になります。夜泣きをする赤ちゃんはそのたびにママは起こされて寝かしつけをしなければなりません。ですので寝不足になります。

また、当然のことですが、ママはしっかりと赤ちゃんを育てなければならないと思います。しかしこれがプレッシャーや不安となってストレスにつながります。

さらに、育児に対しての負ったの理解や協力がなかったりなど、夫や親など周囲の環境によってもストレスは溜まります。

こういった寝不足による疲労の蓄積や、ストレスの蓄積によって、自律神経が乱れてしまい、腰痛になるリスクが高くなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

産後に歩けなくなるほどの腰痛が出るのには原因があるのです。特に骨盤の状態は非常に大切です。自然に元の状態に戻らないこともあるので骨盤矯正も大切になります。

ママは、妊娠~出産~育児によって、体も心も大変な時期なので周囲の温かいサポートが必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加