痰が絡んでいるような感じがするヒステリー球とは??

ヒステリー球という疾患を知っていますか?ヒステリー球はまだまだ知らない方が多いのが現状です。

ヒステリー球とは、喉の不快感や違和感、痰が絡んだ感じがするなどの喉の不調のことです。

今回はそんなヒステリー球とはどういう疾患かご紹介していきます。

ヒステリー球とは

b4256581801ed451e55a79862ffcf6ae_l最近ちょくちょくですが耳にするようになった「ヒステリー球」。

あなたは聞いたことがありますか?

このヒステリー球とは、喉に不快感や痰が絡むような感じがする状態です。例えば、風邪を引いた時はこのような喉の不快感や痰が絡むような感じがあるかと思います。

喉に症状が出るので、よく咽頭がんや食道がんではないの?と不安になる方も多くいます。しかし内視鏡検査や胃カメラの検査をしても風邪はもちろん特に何の異常もないのです。

ヒステリー球の特徴は、喉に症状が出ますが検査をしても異常がないことです。

そんなヒステリーですが、なぜヒステリー球という呼び方なの?と気になりますよね?

ヒステリー球は、喉に「球が詰まった感じがするが異常がない」ということでヒステリー球と言われています。別名「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょうとも言います。

ヒステリー球の症状

医者 問診

ヒステリー球はの症状は喉の違和感・異物感や痰が絡んだような感じなどが主な症状です。

具体的には

  • 喉が詰まったような感じ
  • 喉に何か付いているような感じ
  • 喉に何かできものがある感じ
  • 喉がゴロゴロする
  • 喉に何か刺さっている感じ
  • 痰がくっついているような感じ
  • 喉の閉塞感

などの訴え方が多く見られます。

ヒステリー球は、痛みがないので気づかなかったり、気づくのが遅れたりするのが特徴です。

ヒステリー球の原因

ヒステリー球の原因はまだ解明されていませんが、自律神経の乱れが原因と言われています。

ストレスが溜まっている、あるいはストレスが溜まりやすい性格の人や、生活習慣の乱れなどによって自律神経は乱れます。

この自律神経が乱れることで、風邪をひいてもいないのに、喉の不快感や痰が絡んだような感じが出てくるのです。

では、ヒステリー球の原因と言われる自律神経とはどんな神経なのでしょうか?

自律神経とは

自律神経とは、代謝・循環・消化・発汗・心拍・排尿・排便などの生命維持に必要な機能を正常に保つようにコントロールしている神経です。自律神経は自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いています。

その自律神経は、交感神経副交感神経があります。

交感神経

交感神経が優位になる時は、主に日中、仕事やスポーツをしている時など、興奮状態や緊張状態にある時などです。

交感神経が優位に働くことで、心臓や血管、血圧などをコントロールして、全身の細胞に栄養や酸素の供給量を上げて、体が動きやすい状態、活動しやすい状態にしてくれているのです。

副交感神経

副交感神経が優位になる時は、主に夜間で、食事の時や、入浴中、休息時、睡眠時などで、身体がリラックス状態にある時です。

つまり、副交感神経はリラックスの神経です。副交感神経が優位に働くことで、ゆっくりと大きな呼吸になり、血管を拡張させて、心拍を抑制し、血圧を下げることで、ゆっくりと血液を循環させます。

普段の私たちの身体の中では、このようなことが常に自動的に行われています。

交感神経と副交感神経からなる自律神経がバランスよく働くことにより、私たちの身体は正常に機能するように調節されているのです。

この自律神経が原因で喉の不快感や痰が絡んだような感じの症状が出る、ヒステリー球になってしまうのです。

ヒステリー球かなと思ったら?

痰が絡むなどの喉の違和感や異物感は、何かしらの体のサインです。放置せずに早めに病院や整体などに行って対処しましょう。

病院の場合は、まずは内科や耳鼻咽喉科を受診してみて下さい。そこで血液検査や喉、痰の状態を検査してもらって下さい。風邪などの何らかの異常が見つかれば、それに対しての治療を進めていくことで、喉の症状は軽減されるはずです。

しかし、原因がはっきりと分からなければヒステリー球の可能性があるので、その場合は心療内科の受診をお進めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加