ストレスからの不眠症にはどうすればいい?

「不眠症のような状態で悩んでいる・・・」「ストレスからくる不眠症は改善されるのかな?」

「自律神経も不調になっているからかな?」

日常生活のストレスからくる不眠症でお悩みの方はとても多いと思います。

あなたも、「なかなか寝付けない」「寝れてもすぐに目が覚める」

というような状態が続いているようでしたら、不眠症と言われるかもしれませんね・・・

「眠たいのに眠れない・・。」

ストレスによって眠れなくなる状態のことを「ストレス性睡眠障害」と呼ぶ事があります。

ストレス性睡眠障害で悩んでいる方の中には原因となるストレスに気付いていないという場合も多くあります。

いま、不眠で悩んでいるという場合はもちろん、もしかするとそうなのかな?とお悩みの場合でも参考にして頂けると思います。

不眠症とは・・

0064_xlarge

不眠症とは眠りたいのに眠れないという状態のことを指します。

なぜそのような事が起こるのでしょうか?

不眠症の原因は大きく以下の5つに分類されます。

  1. 心理的ストレス
  2. 身体的ストレス
  3. 精神的ストレス
  4. 外的要因ストレス
  5. 生理的ストレス

同じ不眠の症状でも原因が違えば対処法も異なります。

また、交感神経の働きが悪く、副交感神経ばかりが働くことでなかなか起床できずに睡眠のリズムが崩れてしまうというパターンの不眠も存在します。

ストレスによる不眠と一言で言っても様々なパターンがあり、パターンが違えばそれぞれに対処の方法も違ってくるということを知っておいてください。

交感神経が悪者という訳ではない

0175_xlarge

不眠と言えば、交感神経が優位になることで睡眠が上手く取れなくなるというイメージがある方もいらっしゃるかと思います。
しかし、交感神経が絶対悪者という訳ではありません。

生活するうえで交感神経はなくてはならない存在です。

ストレスによって交感神経を活性化させてしまうことで不眠の症状が出やすくなるのですが、交感神経がいくら活性化しても必要な時になれば副交感神経もきちんと働くということなのです。

快眠のために試して欲しいこと

快眠のために試して頂きたい事と控えて頂きたい事がありますので自分の生活に馴染むことを少しずつで良いので試して頂き、あなたの生活の中で控えた事が良い事に心当たりがあれば減らしてもらえるといいかと思います。

試してみてほしい事

基本的にストレス解消効果が期待できることが快眠のためにも必要です。

  1. リラックス効果のある音楽や音を聞く
  2. お風呂にゆっくり浸かる
  3. 簡単なマッサージをしてみる
  4. ゆっくり大きく深呼吸をして自律神経を整える

やらない方が良い事

  1. コーヒーや緑茶などカフェインが入っているものを取らない。
  2. 喫煙
  3. アルコールの摂取
  4. PCやスマホなどのブルーライトを浴びる

興奮・覚醒作用があるため、寝る前に摂取すると睡眠の質が悪くなり、不眠の原因となりやすいです。

どれもストレスを感じた際に手が出やすくなるものですが、継続して摂取している場合は注意しましょう。

また、ブルーライトによる光の刺激で脳が覚醒したり、メラトニンの分泌を抑えてしまうことで睡眠に悪影響があるとされています。
脳は眠たいのにスマートフォンを使用して調べ物をしたりゲームをすると眠気が飛んでしまいます。

眠る2時間前はTV、PC、スマホなどの使用は出来る限り控えるようにしましょう。

適度な運動もストレスによる不眠症解消に効果的!

7e79ba213b1552ea19022d222382a32e_l

適度な運動がストレス解消に繋がるというのは想像しやすいですよね??

自律神経の調整機能が整えるためにも適度な運動は大事になりますよ。
適度な運動を行う事で交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えるようになり、睡眠の質が向上するという事が研究で明らかになっています。

なので、ストレス解消と同時に自律神経を整える事ができる適度な運動はストレスによる不眠症にとても効果的な要素になりますよ。

まとめ

ストレスによる不眠で悩んでいるという方は、放置しているとうつ病など精神疾患に移行してしまう可能性もある症状です。
紹介させてもらったセルフケアを今まで続けたことがない場合は試してみる価値はあると思いますよ。

\この記事は私が書きました/

氏永 真司

氏永 真司

大阪市福島区MITO整体院
院長 氏永 真司(うじなが しんじ)

・柔道整復師
・鍼灸師
・整形外科付属の整骨院2店舗で院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

症状について詳しくはこちら

自律神経失調症

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加