呑気症に市販薬は効果があるのか??

ゲップやおならが頻繁に出るようになって、胃の調子もおかしい。

なんだか最近は、食欲もなくなってきた。

このような症状は、呑気症でよく見られます。

今回は、呑気症に市販薬は効果があるのかについてご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

呑気症とは?

f5260a5f27e2b904b8e8c018355f2e76_l

呑気症とは、無意識に空気を大量に飲み込んでしまうことによって、その空気が食道や胃、腸に溜まり、胸やけを感じたり、ゲップやおならが頻繁に出る状態です。

別名、空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも言います。

誰でも食べ物や唾を飲み込むときに、同時に少量の空気を飲み込んでいます。唾を飲み込む時には、1回に2~5mlの空気を一緒に飲み込んでいるのです。これは正常なことです。

呑気症になると、食べ物や唾を飲み込む時の空気の飲み込む量が多くなります。それによって、様々な症状が出てくるのです。

呑気症の症状

呑気症による症状です。

  • ゲップが頻繁に出る
  • おならが頻繁に出る
  • 胸やけ
  • 胃の不快感
  • 腹鳴
  • 鼓腸
  • 腹部膨満感
  • 食欲低下

このように、胃や腸の症状が出てきます。呑気症にみられる症状と似た症状を呈するものがあります。それは逆流性食道炎と過敏性腸症候群という病気です。

呑気症の症状が出ても勝手に決めつけず、ちゃんと病院で検査をして、逆流性食道炎や過敏性腸症候群ではないのか、診察してもらった方がいいです。

呑気症の原因

呑気症の原因です。

  • 早食い
  • 精神的に不安定な状態
  • ストレス
  • 噛みしめや歯ぎしり
  • 口呼吸が多い
  • 義歯の不適合
  • 姿勢が悪い(猫背)
  • 後鼻漏

このように呑気症の原因はいろいろありますが、一番は精神的に不安定な状態やストレスが影響しているのではないかと言われています。

しかし、ストレスや精神的に不安定な状態だけが原因ではなく、姿勢が悪かったり、口呼吸や早食いの習慣がある中で、ストレスが溜まることで、呑気症のリスクが高くなるのです。

市販薬は効果があるのか?

症状が出るとまずは、市販薬で何とかならないのか?と思うのではないでしょうか。

呑気症を、市販薬で改善しようと思うと、一時的な症状の改善は期待できるかと思いますが、根本的に治すのは難しいです。つまり、原因があって症状が出ているので、その原因をどうにかしないと、根本的な改善にはつながりません。

しかし市販薬は、一時的には効果がある場合もあります。すぐに病院に行けない時などは、とりあえずその場しのぎのために、市販薬を服用して効果を待つということは、薬の付き合い方としてはいいと思います。そして時間ができたら、病院で診てもらって、しっかりと診断してもらいましょう。

やはり、長い目で見ると薬だけに頼らずに、病院や整体などで根本的な部分に対してアプローチしてもらった方が良いですね。

まとめ

3f111412c5666a332ea942377ef18c75_l

いかがでしたでしょうか?

薬は効果はありますが、「治す」という意味では少し違います。一時的なその場しのぎとしての服用はありかと思います。

呑気症かなと思っても自己判断はしない方がいいですね。

\この記事は私が書きました/

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

大阪市福島区MITO整体院
小泉 雅規(こいずみ まさのり)

・柔道整復師(国家資格)
・整形外科付属の整骨院で副院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加