過敏性腸症候群の食事でチーズは本当に良いの??

「過敏性腸症候群にチーズは食べても良いの??」

「種類が多いけど、どれがいいんだろう??」

過敏性腸症候群でお悩みの場合、このような質問を頂きます。

たんぱく質を多く摂取すっる必要がある過敏性腸症候群ですが、

チーズはどのようなものを摂取するのが良いのかを書いていきますね。

是非読んで参考にしてみてください。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群は、Irritable Bowel Syndromeの頭文字をとって「IBS」と言います。

過敏性腸症候群とは、腸のぜん動運動の異常により腹痛が引き起こされ、下痢や便秘などの症状が続くことをいいます。

血液検査や腸の検査をしても特に異常がなく、症状が慢性的もしくは継続して再発を繰り返す状態が特徴です。

過敏性腸症候群の主な症状は下痢や便秘といった症状だけでなく微熱や、姿勢悪化などの症状を引き起こす場合もあります。

この過敏性腸症候群は、20~40歳代に多いようですが、最近では小学生や中学生にも増えています。このように比較的若い年齢層に多いのも特徴といえるようです。

過敏性腸症候群の症状が進行すると下痢が気になってしまい、トイレの心配が増えて交通機関に乗れないといった支障をきたします。

過敏性腸症候群の症状は、下痢型便秘型交代型、ガス型の4つに分類されます。

急に、腹痛や下痢の症状が起こってくる。

下痢型の場合、すぐにトイレに行けない状況などに症状が起こりやすく、比較的男性に多いのが特徴です。

  • 便

腸の動きが悪くなり、腸の運動が正しく行われないことで便が出にくくなる状態を便秘型といい、比較的女性に多いのが特徴です。

便秘と下痢の症状が交互に繰り返される症状を交替型といいます。

  • ガス型

ガスが腸内に溜まりやすく、おならが頻繁に出るのが特徴です。

チーズは良いの?悪いの?

チーズは過敏性腸症候群の方が食事で摂っても良いのか?

チーズはチーズでも

大腸と相性の良いとされるチーズ

  • バターチーズ
  • チェダーチーズ
  • カマンベールチーズ
  • モッツァレアチーズ
  • ゴルゴンゾーラチーズ
  • パルメザンチーズ など

大腸と相性が悪いとされるチーズ

  • ホエイチーズ
  • ブルーチーズ
  • プロセスチーズ
  • クリームチーズ
  • カッテージチーズ など

上記などの種類がありますので、赤字のチーズを選ぶようにしてもらうと良いと思います。

まとめ

過敏性腸症候群の場合には良質のタンパク質を接種する事が大事になります。

その中でもチーズ重要な食材なので一度継続して試してもらえると改善につながると思われます。

大腸に大切なことはまずタンパク質なので意識して食事に取り入れてみましょう。

\この記事は私が書きました/

氏永 真司

氏永 真司

大阪市福島区MITO整体院
院長 氏永 真司(うじなが しんじ)

・柔道整復師
・鍼灸師
・整形外科付属の整骨院2店舗で院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加