逆流性食道炎の治し方を公開します!

逆流性食道炎は、胸やけや吞酸など様々な症状がでて、とてもつらいです。

また、そういった症状が出ることで、外出することが億劫になることも。

そんなあなたのために、今回は、逆流性食道炎の治し方についてご紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

逆流性食道炎とはどんな病気?

post-4942_01

逆流性食道炎とは、胃酸を含む胃の内容物が、食道へと逆流することによって、食道の粘膜に炎症が起こった状態です。

日本人の10人に1~2人が逆流性食道炎患者との報告もあるほど近年は増加傾向にあります。逆流性食道炎は、確実に現代病のひとつになりつつあるのです。

症状

  • 胸やけ
  • 胸の痛み
  • 食後の吐き気
  • 前傾姿勢になると逆流しやすい
  • 肩こり
  • 背中の痛み
  • 口に酸っぱく苦い液が上がってくる(吞酸)
  • 口や喉が酸っぱく感じる
  • 胃もたれ・胃の痛み
  • お腹がよく張る・膨満感
  • 飲み込もうとすると喉につっかえる感じがする
  • 咳がよく出る
  • げっぷが出ることが多い
  • 揚げ物・香辛料・酸味の物を食べると症状がひどくなる
  • 声がかすれる
  • 喉の違和感
  • 食欲がない

原因

  • 姿勢が悪い(猫背)
  • ストレスが溜まっている
  • 揚げ物をよく食べる
  • 甘い物をよく食べる
  • 辛い物をよく食べる
  • 早食い
  • 大食い
  • タバコをよく吸う
  • お酒をよく飲む
  • 肥満
  • 妊娠中
  • 便秘がち

これらのことが原因となって、胃酸の過剰分泌や過活動などが起こります。また、胃の入り口にある下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉が緩んでしまい、食道では特徴的な運動である蠕動運動(ぜんどううんどう)も正常に働かなくなってしまうのです。

これらによって、胃酸を含む胃の内容物が逆流してしまい、逆流してきたときに押し戻せなくなり、逆流性食道炎の症状が出てくるのです。

逆流性食道炎の治し方は?

体調不良

では逆流性食道炎の治し方について説明します。

治し方は大きく分けて、

  • 食生活の改善
  • 自律神経を整える

です。これらをきっちりと行うことで逆流性食道炎は改善する方向へ向かいます。

食生活の改善

逆流性食道炎の治し方の一つ目は、食生活の改善です。

まずは、食事内容の改善です。

  • 脂質を多く含むもの
  • 糖質を多く含むもの
  • 香辛料が多く刺激のあるもの
  • タンパク質を多く含むもの
  • お酒

これらは、胃酸の過剰分泌や、下部食道括約筋の機能低下を招くので、控えた方が良いです。

しかし、これらは、身体に必要な栄養素を含むので、全くのゼロにしてはダメです。あくまで過剰に摂取することを控えることが、治し方のポイントです。

そして食べ方の改善です。

  • 腹八分目に抑える
  • ゆっくりよく噛んで食べる

このように、食べる物や食べ方を改善する事は、逆流性食道炎の治し方としては非常に大切です。

あと、タバコを吸う方は禁煙して下さいね。タバコも逆流性食道炎の原因になります。

自律神経を整える

逆流性食道炎の治し方の二つ目は、自律神経を整えることです。

自律神経は胃腸や食道など、内臓の機能をコントロールしている神経です。ですので、逆流性食道炎には自律神経を正常に機能させてあげることも、治し方のポイントになります。

自律神経を整えるには、

  • 規則正しい睡眠
  • ストレス発散
  • 適度な運動
  • 良い姿勢

これらが特に大切です。

毎日、30~1時間の適度な運動をすること。ウォーキングで構いません。ウォーキングなどの有酸素運動は心拍を高めて全身への血流を促進させます。

そして睡眠も大切です。人によりますが、だいたい7~8時間はしっかり睡眠をとり、できるだけ毎日同じ時間に寝て起きることが重要です。

さらに、ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなるので、趣味を定期的に行うなど、上手にストレスを発散して下さい。

また、自律神経は、背骨の前を走行しています。ですので、猫背などの不良姿勢だと自律神経が正常に機能しにくくなります。姿勢は座ってても立ってても、少し顎を引いて背骨の上に頭が乗るように意識して下さい。姿勢は、日々の意識が大切ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

逆流性食道炎の治し方は、食生活の改善と自律神経を整えることがポイントになります。

食事や食べ方など日常生活を振り返って、辛い逆流性食道炎を改善させましょう。

\この記事は私が書きました/

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

大阪市福島区MITO整体院
小泉 雅規(こいずみ まさのり)

・柔道整復師(国家資格)
・整形外科付属の整骨院で副院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加