足腰の痛みやしびれは坐骨神経痛かも?!その症状を詳しく解説

足の痛み

太腿のうしろ、すね、足先など下半身に痛みやしびれが起きて、歩くことも困難になることはありませんか?
もしかすると「坐骨神経痛」かもしれません。その症状について具体例とともに詳しく解説いたします。

坐骨神経痛の主な症状は下肢の痛みやしびれ

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさく しょう)や腰椎椎間板(ようつい ついかんばん)ヘルニアや変性椎間板症や脊椎(せきつい)すべり症などの疾患によって引き起こされる症状です。

このような疾患が原因で、腰椎から伸びている坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けると、痛みやしびれを感じるようになります。

坐骨神経は腰からお尻、ふくらはぎを通って足先にまで伸びている人体の中で最も太い神経です。問題が起きている坐骨神経の箇所によって症状が出る場所が変わります。

また、必ずしも問題のある箇所に症状が出るわけではなく、腰周辺の神経が圧迫されているのに、ふくらはぎなど離れた箇所に痛みやしびれを感じるケースもあります。

坐骨神経痛は病名ではなく「症状名」

坐骨神経痛は病名ではなく、頭痛・腹痛と同様の症状名です。

背骨側の腰椎からお尻を貫き太ももの後ろ側、ふくらはぎを通り足先・足裏にまで伸びる坐骨神経の通り道が疾患など様々な原因によって痛むことを坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛の可能性が高い症状の具体例

ここからは坐骨神経痛の可能性が高い症状の具体例をご紹介します。

腰・お尻に起こる症状の具体例

  • お尻の痛みやしびれがずっと続いている
  • 尾てい骨のあたりや、お尻の内側(内部)に痛みやしびれがある
  • 腰痛とともにしびれや違和感がある
  • 腰痛はあるが、離れた部分(下半身)にしびれや違和感がある
  • 触ると感覚がおかしい
  • お尻の筋肉が冷たく固くなっているように感じる
  • 座っていられないほどお尻が痛い

太もも・ふくらはぎ・足先などに起こる症状の具体例

  • 足の痛みがひどく少し歩くと歩けなくなるが、休憩すると歩けるようになる
  • 足が痛くて立っていられない
  • 足の付根の周辺に痛みやしびれがある
  • 足に力が入らない
  • 靴下を履こうと、かがんだりひねったりすると痛みやしびれがひどくなり、履けない。
  • 痛みのあまり歩き方がおかしくなったり、歩けなくなる
  • 正座した時のように足裏がしびれる
  • 左右の足の筋肉の付き方に差がある
  • 足裏の皮膚が厚くなったような感じがする

全体的な症状の具体例

  • 安静にしていても、足やお尻の痛みが眠れないほど激しい
  • 座ったりしゃがむことが辛い
  • 排尿・排便が困難になる
  • 痛みやしびれだけではなく、だるさや締めつけ、チリチリと焼けるような痛みや、逆にひやりと冷たく感じることがある

坐骨神経痛は中高年に多く見られる

お尻の痛み

一般的に坐骨神経痛は中高年の方に多く見られる症状で、腰部脊柱管狭窄症を発症していたり、梨状筋症候群(りじょうきん しょうこうぐん)などが原因となっているケースも少なくありません。

また、若い年代の方でも腰椎椎間板ヘルニアなどを発症していると症状が出るケースもあります。

腰部脊柱管狭窄症とは?

中高年の坐骨神経痛の原因として最も可能性が高いと言われる腰部脊柱管狭窄症ですが、どのような病気なのでしょうか?

加齢などによって骨や関節、椎間板や靭帯が肥厚することで脊柱管にある神経を圧迫するために血行が悪くなることで起こります。
腰を後ろに反らせることで症状が悪化するケースもあるようです。

圧迫される箇所によって痛みの場所や症状の種類が変わってきます。

馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中心部分である馬尾神経が圧迫されているケース。
両足のしびれや痛みに加え冷感や排尿障害になることも。

神経根型(しんけいこんがた)

馬尾神経から分岐した先の神経根が圧迫されているケース。
お尻から足にかけて痛みます。

混合型

馬尾型と神経根型、両方の症状が起きているケース。

また、歩き続けていると足の痛みやしびれを感じ、少し前かがみになった状態で休憩すると症状が軽くなり歩くことができるようになるといった間欠跛行(かんけつはこう)があることも、腰部脊柱管狭窄症の大きな特徴です。

前かがみになって休憩しても症状が軽くならない時は、下肢の血管障害が原因の可能性が高いでしょう。

症状を自覚したら早めに整形外科を受診しましょう

ここまでご紹介した症状にあてはまるものがあったら、早めに整形外科を受診することをおすすめします。

坐骨神経痛の原因は様々で、詳しい検査をしないとわからないことが多いからです。

特に痛みやしびれがひどく、歩いたり立つだけでも辛い場合や両足に違和感がある場合は、それ以上症状がひどくならないうちに受診をした方が良いでしょう。

\この記事は私が書きました/

氏永 真司

氏永 真司

大阪市福島区MITO整体院
院長 氏永 真司(うじなが しんじ)

・柔道整復師
・鍼灸師
・整形外科付属の整骨院2店舗で院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加