血管の圧迫が原因で起きる三叉神経痛は耳にも痛みがでるのか??

右の頬が痛い。左の顎が痛い。

三叉神経痛になると顔の片側に激痛が走ります。

では三叉神経痛は、耳にも痛みが出るのでしょうか?

今回は、三叉神経痛で耳にも痛みが出るのか?ということについてご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

三叉神経痛とは?

診断と原因

三叉神経痛とは、顔の特定の場所に触れることで、顔の片側に突然的な痛みが出る疾患です。

  • 「針を刺したような痛み」
  • 「電気が走るような痛み」

このように訴える方が多いです。

チクチクした痛みという方もいれば、激痛が走るという方もいます。

痛みの出る部位は、片側のそれぞれの神経の支配領域に出ます。ですので、障害される神経の枝によって症状の出る場所が変わります。

頬と顎に発生することが多いですが、目の周囲や、歯に痛みが出ることもあります。

痛みの特徴としては、激痛であることが多く、数秒~数十秒間にわたって感じ、長い時には数分にも及ぶこともあります。この激痛に耐えられず、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

人によりますが、1日に100回近く痛みが出ることもあるので非常につらい疾患です。

しかし、痛みが出ると激痛なのですが、痛みがないときは全く痛みを感じません。

三叉神経痛の好発年齢は、50歳以降に多く、年齢とともに増加傾向にあります。

男性1:女性2の割合で、多くは女性に発症しやすい疾患で、秋から冬にかけて寒い時期に発症しやすく、自然に治まることもありますが、再発することも多々あります。

特定の場所に触れることで痛みが出るのですが、では実際に生活の中で症状を誘発する原因はどういったものがあるのでしょうか?実は普段の生活の中で私たちが当たり前に行っていることがほとんどなのです。

  • 髭剃り
  • 洗顔
  • 化粧
  • 歯磨き
  • 物を噛む
  • 喋る
  • 冷たい水や風に当たる

など、誰でも日常的に行っていることが誘因となって痛みが出るのです。

三叉神経とは?

次に三叉神経につてです。

三叉神経は3つの神経の枝から構成されている脳神経のひとつです。

  • ①眼神経
  • ②上顎神経
  • ③下顎神経

これらの神経は、それぞれ支配している領域が違うので、どの神経が障害されるかによって、痛みの出る場所も変わってきます。

①眼神経

眼神経は、顔の上の範囲に痛みが出ます。頭の前の部分、眼、鼻などの感覚を支配している神経です。

②上顎神経

上顎神経は、顔の真ん中の範囲に痛みが出ます。上顎、上の歯、上唇、頬、口の中などの感覚を支配している神経です。

③下顎神経

下顎神経は、顔の下の範囲に痛みが出ます。舌、下顎、下の歯、下唇、頬、耳の一部の感覚を支配している神経です。また咀嚼(噛む)時に働く筋肉を動かす運動神経も含みます。

原因は血管の圧迫

2feb18fff993999c7c286f3531408607_l

三叉神経痛の原因はいまだ解明されていないのです。しかし原因の90%以上は血管による三叉神経の圧迫と言われています。そ例外には、腫瘍や血管の奇形が原因になることもあると言われています。

ストレスや生活習慣の問題、不良姿勢などによる自律神経の乱れ、動脈硬化などの血管自体の問題が原因となり、血管の収縮拡張機能が正常に機能せず、血管が拡張した際に三叉神経を圧迫して、障害された神経の枝の支配領域に痛みが出るのです。

耳にも痛みが出るのか?

DSC_0181

では、この三叉神経痛は耳にも痛みが出るのでしょうか?

結論から言うと、ほぼ耳には痛みは出ません。しかし3番目の枝の下顎神経は耳の一部も支配領域に含まれるので、耳に痛みが出てもおかしくはありません。しかし、耳に痛みがある場合は三叉神経痛によるものよりも別の疾患の可能性の方が高いといえます。

耳に痛みが出る疾患としては、

  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 耳管狭窄症
  • 流行性耳下腺炎(おたふく風邪)
  • 耳性帯状疱疹
  • 顎関節症
  • 耳かきのやりすぎ

などが考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三叉神経痛でも耳に痛みが出ることはたまーにありますが、もし耳が痛いとなった場合は、三叉神経痛以外の可能性が高いでしょう。

耳が痛くてお困りの方は、一度専門の医療機関の受診をオススメします。

\この記事は私が書きました/

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

大阪市福島区MITO整体院
小泉 雅規(こいずみ まさのり)

・柔道整復師(国家資格)
・整形外科付属の整骨院で副院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加