三叉神経痛の原因は血管が関係してる??

朝、髭を剃る時に激痛が走る。

お化粧をする時や、洗顔をする時に激痛が走る。

このような状態は、三叉神経痛の可能性が高いです。

そんな三叉神経痛の原因は血管によるものなのでしょうか?

今回は、「三叉神経痛の原因は血管が関係するのか?」ということについてご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

三叉神経とは?

医者 問診

三叉神経とは脳神経の一つで、痛みなどの顔の感覚を脳へ伝達する神経です。

三叉神経は名前の通り、3つの神経の枝が出ています。これらの3つの神経は、それぞれが支配する領域が異なります。

  • ①眼神経
  • ②上顎神経
  • ③下顎神経

①眼神経

眼神経は、顔の上の範囲に痛みが出ます。頭の前の部分、眼、鼻などの感覚を支配している神経です。

②上顎神経

上顎神経は、顔の真ん中の範囲に痛みが出ます。上顎、上の歯、上唇、頬、口の中などの感覚を支配している神経です。

③下顎神経

下顎神経は、顔の下の範囲に痛みが出ます。舌、下顎、下の歯、下唇、頬、耳の一部の感覚を支配している神経です。また咀嚼(噛む)時に働く筋肉を動かす運動神経も含みます。

三叉神経痛とは?

三叉神経痛

三叉神経痛とは、突発的な激痛が顔の片側に生じる疾患です。

50歳以降に多く、年齢とともに増加する傾向にある三叉神経痛ですが、男性1:女性2の割合で、多くは女性に発症しやすく、秋から冬にかけて寒い時期に発症しやすい疾患です。

片側の顔に「針を刺したような痛み」や「電気が走るような痛み」が、数秒~数十秒間にわたって感じます。長い時は数分にも及ぶこともあります。しかし、全く痛みを感じないということも特徴的です。痛みは1日に何回も出て、中には耐えづらいほどの激痛があり、日常生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。

痛みの出る部位は、上記で説明した片側の神経の支配領域に出ます。ですので、障害される神経の枝によって場所が変わり、特定の場所に触れることで突発的な痛みが出るのです。

特に頬と顎に痛みが出ることが多いですが、目の周囲や、歯に痛みが出ることもあります。

ではどういう時に痛みが出やすいのでしょうか?

痛みを誘発する原因は、普段の生活の中で私たちが当たり前に行っていることがほとんどなのです。

  • 髭剃り
  • 洗顔
  • 化粧
  • 歯磨き
  • 物を噛む
  • 喋る
  • 冷たい水や風に当たる

などです。

三叉神経痛の原因は血管による圧迫が原因?

診断と原因

三叉神経痛のそもそもの原因は何なのでしょうか?

三叉神経痛の原因はいまだはっきりとは分かってはいません。しかし、90%以上は血管による三叉神経の圧迫が原因ではないかと言われています。

それ以外には、腫瘍やまれに血管の奇形が原因ということもあるとのことです。

つまり三叉神経痛は、血管が三叉神経を圧迫していることが原因だということです。

では、なぜ血管が三叉神経を圧迫するのでしょうか?

それには自律神経が関係しているのです。根本的に血管の収縮拡張の機能をコントロールしているのが自律神経だからです

自律神経とは何?

自律神経は、この2種類の神経に分けられます。

  • 交感神経
  • 副交感神経

人間の生命維持に必要な、代謝・循環・消化・血管・発汗・心拍・排尿・排便などの機能を正常に保つようにコントロールしている神経です。

自律神経は、自分の意思ではコントロールすることができず、24時間常に自動的に働いており、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことにより、私たちの身体は正常に機能するように調節されているのです。

日々のストレスや、食事、運動、睡眠なのど生活習慣の乱れなどによって、自律神経が正常に機能せず、交感神経と副交感神経が乱れてしまうことで、血管の収縮拡張機能も上手くできなくなってしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、三叉神経痛の原因につながってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしたでしょうか?

三叉神経痛は血管の圧迫が原因であの激痛が出てしまうのです。日頃から、良い生活習慣を心がけた方が体にとっても良いですね。

\この記事は私が書きました/

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

大阪市福島区MITO整体院
小泉 雅規(こいずみ まさのり)

・柔道整復師(国家資格)
・整形外科付属の整骨院で副院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加