群発性頭痛で仕事ができない!対処法は??

群発性頭痛の方は頭痛発作が起きると、仕事や学校に行きたくても行けなかったりします。

今回は、群発性頭痛の対処法についてご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

群発性頭痛とは?

群発性頭痛とは、強烈な痛みを伴う頭痛です。あまりの痛さに壁に頭を打ち付けたり、失神してしまうこともあり、中には自殺する人もいるほど強い痛みを伴います。

この群発性頭痛は、痛みは片側に起こります。

  • 目の奥がえぐられるような痛み
  • 刺されるような痛み
  • 頭を金槌で叩かれるような痛み

などと表現されることが多いです。

群発性頭痛は、20~40歳代の男性に多く、1000人に1人の割合と言われています。

発作中には、痛みのある側の涙や鼻水が出たり、目の充血を伴う事も多く、アルコールの摂取によって発作が誘発されることもあります。頭痛は、ほぼ毎日同じ時間帯、特に夜中~朝方にかけて発症することが多く、30分~2時間ほど続きます。いったん痛みが出ると1~2ヵ月痛みが続き、この時期を「群発期」といいます。この群発期は1年に1回、ある時期になると発症します。

しかしこのような群発性頭痛の症状は人によって様々で、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。群発期を過ぎると、自然に頭痛がなくなる寛解期になります。

群発性頭痛は経験した人にしか分からない痛みで、比較的認知度が低い疾患です。

対処法は?

こんな辛い群発性頭痛ですが、どんな対処法があるのでしょうか?

  • イミグラン(トリプタン系)注射
  • 純酸素吸入療法

イミグラン(トリプタン系)注射

群発性頭痛の治療法で効果的なのがトリプタン系の薬です。もっとも代表的なのが、イミグランです。

このイミグランは、内服薬や点鼻薬、自己注射などがあります。頭痛が出た時に自分で注射することが即効性が高く、群発性頭痛の痛みを緩和するという点で最も効果的です。注射をしてから約15分くらいで効果が出はじめます。

イミグランなどのトリプタン系の薬は、片頭痛の治療薬でも効果があり、拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みを緩和させます。

デメリットとしては、注射の使用頻度が高くなると、効きづらくなってきたり、頭痛の頻度が増えてくるといったこともあるようです。

純酸素吸入療法

医療用の純度100%の酸素をフェイスマスクを通して一定時間吸入する「純酸素吸入療法」が群発性頭痛に有効です。

純度100%の酸素を、毎分7リットル15分吸入し、拡張した血管の収縮を促して痛みを鎮める治療法です。ただし、痛みが出てすぐに酸素を吸入しないと効果は薄れることもあります。

群発性頭痛は周囲の理解が大切

群発性頭痛のあの強烈な痛みは、経験しないとわからないほどつらいものです。

  • 「頭痛なんて薬を飲んで早く治してください」
  • 「頭痛なんて気持ちの持ちようでしょ」
  • 「頭痛なんて気合で我慢したら大丈夫」
  • 「自己管理ができてないから頭痛になるんだ」
  • 「頭痛ごときで仕事を休むな」

群発性頭痛は1000人に1人の割合なため、認知度はまだまだ低く、このように声をかける人が多いのが現状です。

実際は、

  • 薬を飲んでも効かない
  • 気持ちでどうこうできるものではない
  • 気合で我慢できるレベルではない
  • 自己管理とは関係ない
  • 仕事なんてできる状態ではない

なのです。これくらい群発性頭痛という病気は特別な病気なのです。

「自殺頭痛」とも呼ばれるくらいですからね。

ですので、職場の方や家族の方の理解がなければ、本人はこの群発性頭痛と付き合っていくことがしんどくなります。

しっかりと周囲の方の理解を得れるように本人も周りも協力することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

群発性頭痛の対処法としては、イミグラン注射や純酸素吸入療法が効果的です。またなによりも、本人の周囲の人の理解が必要です。周囲の理解があるのとないのとでは、群発性頭痛の付き合い方が全然違ってくるのです。

\この記事は私が書きました/

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

小泉 雅規(こいずみ まさのり)

大阪市福島区MITO整体院
小泉 雅規(こいずみ まさのり)

・柔道整復師(国家資格)
・整形外科付属の整骨院で副院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加