偏頭痛の症状は??病気が隠れてる??

「頭痛はするけど他に症状ってでるの?」

「偏頭痛を長年感じているけど、悪化したりするのかな?」

あなたはこのような悩みをお持ちではありませせんか??

偏頭痛を長年患っておられるとこのまま頭痛だけ我慢していればいいのか?もしくはほったらかしにしていると他にも症状がでてくるのか不安な気持ちになってしまいますよね??

ここでは偏頭痛に関係のする症状や偏頭痛を長年患っている場合にあっかしてしまうとどうなるのかを紹介していきたいと思います。

偏頭痛の症状は???

偏頭痛の症状は、頭の片側(側頭部)が脈に合わせてズキンズキンと脈打つ痛みです。

人によっては後頭部の方にまで痛みが広がり、頭全体がキューっと締め付けられているように感じる場合もあります。

頭の片側に発生することが多いので『片頭痛』と呼ばれるようになりました。

『偏頭痛』と『片頭痛』は表記の違いで意味は同じです。

この偏頭痛の症状による痛みですが、早ければ3~4時間ほどで治まります。

長いときには3日ほど症状が続くこともあります。

吐き気を伴うこともありますし、光や音に敏感になってしまう事や、頭を動かすことさえ辛いと感じ方も多くおられます。

音のない真っ暗な場所で微動だにせず、痛みが治まるのをじっと待ちたいと思いますが、なかなかそうはできませんよね。

偏頭痛のセルフチェック法

  • 歩行や階殿の昇降など日常的な動作によって頭痛がひどくなることや、あるいは動くよりじっとしている方が楽だったことはどれくらいあったか?
  •  頭痛に伴って吐き気がしたり胃がムカムカすることがどのくらいあったか?
  • 頭痛に伴ってふだん気にならない程度の光が、まぶしく感じることがどれくらいあったか?
  • 頭痛に伴い周りの臭いに過敏になってしまうことがどれくらいあったか?

まずは過去3ヶ月に起こった頭痛の特徴を思い出し、上記の項目それぞれに「なかった」「まれ」「ときどき」「半分以上」の4段階で回答してください。2つ以上の項目に「ときどき」「半分以上」という答えがつけば、その症状はほぼ片頭痛と診断されます。

しかしこの質問表はあくまでも簡易的なものなので、医学的な確定診断を受けるためには必ず医師の診察を受けることお忘れなく。

すぐに医療機関を受診すべき頭痛

片頭痛はとても辛い頭痛ですが、命に関わる病気ではありません。しかし、同じような症状の頭痛の中には命に関わる危険なものもあるため、頭痛が起きたときに以下のような特徴がある場合は、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

  • 前触れなく、突然頭痛が起きた
  • 今までの頭痛とは違った感じだと感じる
  • 今までの頭痛の中で一番痛い
  • 頭痛だけでなく、発熱や手足の動かしにくさ、言葉が出ないといった他の症状を伴う
  • 意識がもうろうとししたり、痙攣を起こしたりする

偏頭痛は命にかかわるものではありませんが、もしかすると脳腫瘍やくも膜下出血が原因の頭痛の可能性もありますので急に激痛が奔った場合や吐き気・喋られない血圧低下な土の自覚症状がある場合は早急に病院に行くことをオススメ致します。

いつもの偏頭痛と簡単に考えず、一度きちんと病院で診察を受けてみることをおすすめします。

そして、偏頭痛に限ったことではありませんが、身体のどこかが不調と感じたときには、自分の身体を気にかけ労わってあげてくださいね。

偏頭痛の2大原因とは!?

  • 頭の骨に僅かなズレが生じている

偏頭痛が頻繁に起こる、こめかみがよく痛くなって気分が悪くなると言われる方々をみさせてもらうと、ほとんどの方が、頭蓋骨(とうがいこつ)中央部にある「蝶形骨(ちょうけいこつ)」という骨のズレ、関節の硬さがとても多く関わっているのです。

少し分かりづらいかもしれませんが蝶形骨とはなんなのか??からお話しますと、

頭の骨の中央にあってパッと見「蝶」の形をしているように見える骨なので蝶形骨と呼ばれています。前頭骨、頭頂骨、後頭骨、側頭骨、頬骨、上顎骨などほとんどの頭蓋骨に含まれる骨と関節をもっている非常に重要な頭蓋骨の一つの骨なんです。

このように、蝶形骨は多くの頭蓋骨と連結しているのが分かると思いますし、脳神経やホルモンを司る脳下垂体という生命体に非常に重要な脳の一部が乗っている受け皿にもなっているぐらいですから、「頭の中心」と言えますよね。

そのくらい重要なこの蝶形骨がわずかにズレる、その周りにあるどれかの骨との関節が硬くなるなどの異常が起こってくると・・・

「頭痛がする」「こめかみが痛い」という症状が発生するということになるんです。

そして、もう1つは、

  • 姿勢不良(猫背・頭部の前方移動)

です。

特に長時間のデスクワークや運転がお仕事の方、前かがみでの作業が多い方や主婦の方、など多くの方がこのパターンにあてはまるのではないでしょうか?

座り仕事でも立ち仕事でも体の真正面に対象がある事ってまずありませんし、だいたい下を向いて猫背になりやすいです。

猫背や前かがみが日常的になっていると頭の位置も当然、体よりも前に出てしまいますよね?

この頭の位置だと普通は下を向くのが体の構造です。しかし少なからず目線を上げるためにアゴを前に出し、顔を上げる格好を取ります。そうする事によって不自然に首が後ろに曲がり、頭も後ろに傾いてしまいます。

この姿勢が長期間になると首から頭にかけて繋がっている筋肉が過度に緊張し、血管もホースを折るように狭くなってしまうのです。

ですから、この筋肉の緊張と血管の狭窄によって血液は少なくなり、筋肉も柔らかさが無くなってしまい、「頭痛がする」「こめかみが痛い」といった症状を引き起こしているのです。

対策方法は?

上記した2大原因の対策方法としては、

まずは原因がどちらからなのか、もしくは両方が関係しているのかを自身で理解しなければなりません。

蝶形骨が原因の場合だと自分ではわかりませんので、どちらに異常があるかに関わらず、まずは姿勢を意識する事から始めましょう!

まず仕事の合間に休憩を必ずいれることです。その際に、

椅子に座れる場合は奥まで座り、背もたれに背中を当てて、遠くを見るように頭を後ろに引きます。

これで首から頭にかけて繋がっている筋肉と血管が緩む姿勢になるので5分はそのままでいましょう。

仕事中でも前のめりにならないように気をつけながら頑張っていただけるといいと思います。

そしてリラックスしている時間でも頭の位置はよく意識していないといけませんよ。スマホなんかも集中するのはよくありません。

次に頭の骨に対してですが、

両手の中指で左右の目尻の横のくぼみ。こめかみに触れましょう。触ると少しぺこっとへこんでいるところを感じると思うので、この部分にそっと中指で左右触れておくだけ。

その状態で3分間でいいので、目を閉じてみてください。

ポイントは痛い場所を押さない!!優しくそっと触れておく!!これだけでいいんです。うまくやればそれだけでも楽になっていくので1週間ほど毎日2、3回続けてみてくださいね。

自律神経の乱れも関係ある!?

自律神経の乱れとは、はっきりした身体の病気がないのに肉体的・精神的な影響で症状が身体に出る状態です。

例えば精神的なプレッシャーで下痢になりますよね?

また、毎日インスタント食品を食べ続ければ内臓疲労が蓄積してしまい疲れがとれなくなり偏頭痛の要因になりやすくなります。

このような肉体的・精神的ストレスが続くと自律神経症状が出やすくなります。

他にも不安感やイライラ、肩こりに吐き気、不眠といったさまざまな症状があり数えきれません。

といっても程度は人によって様々なので深刻な状態を自律神経失調症と呼びます。

しかし自律神経失調症は病名ではなく精神的な影響が大きい時に上記のような症状が出た時の病態を指します。

問題なのは人間の身体には自己治癒力があるのに回復せずに不調がずっと続いて治らない事にあります。

どんな状態??

自律神経の乱れた状態がいわゆる自律神経失調症ですが精神面だけではありません。

身体は興奮状態だと代謝が進むので熱を大量に発生させます。

熱は頭に昇る性質があるので、これが頭痛や吐き気の原因です。

うつ病を患う人も頭がのぼせ易く足は冷えている事が多いのはこのためですね。

身体は回復をはかるために血流を促進させるので動悸やめまいの原因にもなります。

しかし自律神経が乱れる人の多くは身体を回復させるために必要な栄養が不足している事が多く思うように回復が出来ません。

そのせいで余計に交感神経が刺激され症状が悪化するという悪循環ですね。

そして交感神経が刺激されたままだと副交感神経が働きません。

副交感神経は主にリラックスさせて老廃物の排出を促すのが役目なので身体には老廃物が蓄積されてしまいます。

そのため栄養の摂取と老廃物の排出を同時に行わないと症状の改善は難しいと言えますね。

まとめ

偏頭痛は頭の片側やこめかみがズキズキと脈打つような痛みが特徴的です。

症状が酷い方に関しましては頭痛と一緒に吐き気がでたりして、日常生活が普通に送ることができなくなるくらいの強い痛みがきます

片頭痛の特徴としましては、ズキズキと脈うつ感じの非常に強い痛みがあり、頭痛が起きる前にチカチカした光が見えたり、安静にせずに体を動かすとガンガンと頭痛が悪化する場合もありますが、適度にできる範囲で体は動かすようにしましょう。

それでも痛みが引かない場合は医療機関を受診するか、しっかりと見てもらえる専門家を頼って下さいね。

「蝶形骨」「姿勢不良」この問題が症状を引き起こすきっかけになるという事を知っておいてもらうだけで選択肢が日頃からある「??」はかなり減って治療にも良いと思います。

そしてこの大きな原因を改善していくのに1番大事なコトは「頭の位置の改善」です。

多くの方の場合、頭部の前方偏位になっています。これが「蝶形骨」「姿勢不良」を引き起こしている事が多いのです。頭部の前方偏位を改善していけば、「蝶形骨」「姿勢不良」だけでなく顎関節症・自律神経の乱れも改善が見られますよ。

あなたが「頭痛」を本当に改善したいと思い、これからの人生を楽しく豊かにしたいとお考えなら、いつでもご相談下さい。「偏頭痛」に悩む事がなくなりスッキリとした日常を過ごせるようにお手伝いできるはずです。

少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

\この記事は私が書きました/

氏永 真司

氏永 真司

大阪市福島区MITO整体院
院長 氏永 真司(うじなが しんじ)

・柔道整復師
・鍼灸師
・整形外科付属の整骨院2店舗で院長として勤務

整形外科付属の整骨院で勤務している時に、痛みが出ている部分だけの施術には限界があることに気づきました。筋肉や骨盤、背骨の調整だけでなく内臓、静脈、リンパ、経絡などを含めて全身のバランスを調整することにより痛みが自分で改善できるようになります。

もし、あなたがマッサージや骨盤矯正を受けても痛みが改善しないのであれば、ぜひ当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加