肩関節の沈着性疼痛で手術を勧められたが整体で痛みも可動域も改善できた

患者様の情報

40代 女性

症状
以前にも1度肩関節痛を経験されていて、またなったと落ち込んでいたが整形外科を受診した際に腱板部分に石灰沈着が見受けられたそうで、説明を聞いて更に落ち込んだとの事でした。
注射と服薬で過ごしておられましたが痛みが辛く睡眠も満足にできていないので日常生活にも支障が出ているとの事でした。
痛み、可動域制限、首や肩の筋緊張が強くありました。肩まわりの緊張が続いている事で背中や腰も気になる部分がありました。

治療経過

肩甲骨周辺は緊張が強く沈着部分も圧痛が強かったので背骨、顎関節、肩甲骨下部をまずは調整していきました。

1週間に2回の整体で痛みは以前よりも改善傾向でした。この頃はまだ注射を併用でしたが、動きは痛みがともなうようでした。

2ヶ月経過した頃には更に痛みは改善され全身が緊張していた感じでしたが脱力できるようになっておられました。

3ヶ月後にレントゲンを撮ってもらいましたが、沈着部分が小さくなっていたようでした。半年後には石灰沈着も無くなり、手術もせずにすんで痛みも改善されてお喜び頂きました。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。