20年以上頚椎ヘルニアの症状があり左手で重たい物を持てなかったのが改善

患者様の情報

ヘルニアの症状が出てもう20年以上になる方です。
最初は肩の違和感から始まり、肩コリだと思っていました。しかし肩こりにしては痛みが強いと思い整形外科を受診しました。MRI検査の結果頚椎ヘルニアと診断を受けました。その後はリハビリに通っていましたが、なかなか良くならずに整体や整骨院、カイロプラクティックなど様々なところに通院したそうです。
良くなったかと思った時もあったのですが、結局しっかり改善せずに現在に至ります。
8年前からは、時々痺れが出たり、左手で重たい物を持つと痛みが出るようになりました。整形外科に行き病態を再度確認してもらい手術しかないといわれショックを受けたと言います。手術は怖いのでできるならやりたくないという思いで、また整体を色々探して通っていました。
マシな時期もあれば症状が強く出る時期もあり、そういった中でなんとかやりくりしてきましたが、結局は最初よりも症状はきつくなっているとの事でした。
もう手術しかないのかと諦めかけていた時に知り合いの紹介で当院に来院されました。

治療経過

首がストレートネックで背骨も全体的に弯曲が少ない状態でした。頚椎自体の動きはそこまで硬くなかったのですが、胸椎がかなり硬かったです。

骨盤と股関節の連動も悪く、体重のかかり方が左重心になっていました。話を聞いていくと、子供の頃に股関節の大けがをした既往があり、その影響でバランスが崩れていました。

全身整体で2週間に3回のペースで通ってもらいました。

6回目来院時には、痛みがマシになったと言われていました。しかし20年以上も症状が出ているため、また痛みが出る時期は来ることを説明しました。

3ヵ月目からは1週間に1回で通ってもらいました。痛みは順調に改善しており、痺れも出る頻度が減ってきたとの事でした。

その後は、あまり変化のない時期が続き、7か月目には左手で重たい物を持っても痛みが出なくなっていると驚かれていました。ちゃんと根本的に改善している実感があるとの事で喜ばれていました。

バランスも整ってきて

その後は2週間に1回のペースで調整していき、1年3ヵ月頃にはもうほとんど症状は出なくなっていました。

現在は月1回のメンテナンスに通われてますが、調子も良く趣味でやりたいことができております。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。