不安障害もあり、過敏性腸症候群が長く出ていたが気にならなくなった

患者様の情報

40代 男性

症状
30代の頃から急に不安になりやすくなり医師に不安障害との診断がありお薬を飲んでいたようです。それと同時に外出時や様々なタイミングで腹痛と下痢を伴うようになっていたそうです。
不安障害は改善傾向のように感じているが過敏性腸症候群の症状は変わらずで困っているとの事でした。
不安やストレスを感じやすくなりお腹の不調も出ているようでしたので全体的に調整をし、お薬もやめれるようならやめていけるようにしましょうとお話して始めました。

治療経過

期間が長くかかっている事もあり頭位やバランスの不調をしっかり改善出来るように対応させてもらいました。

6回目の整体後から寝起きがスッキリ感じやすくなったそうで気分良く起き上がれるとの事でした。

その後も徐々に変化していき、12回目の整体後には足の脱力感がマシになっているとの事でした。この頃から腹痛がマシになり下痢も少なくなっているようでした。

26回目の整体前に1週間下痢になっていないとおはなしをしてもらい更に改善に対して前向きになったようでした!

少しずつですが身体は良くなるのでそれに気づき更に意欲が増すとまた良い効果に繋がります。今でも良い状態を維持しようと月に1回の整体を継続しておられます。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。