頸椎症による肩の激痛によって大好きなサーフィンがもうできないかと思っていたが改善した

患者様の情報

サーフィンが趣味の方で、サーフィンでパドリング中に左肩に痛みが走りました。肩を痛めたかなと思いましたが、その後はまたパドリングをしても痛みは感じませんでした。そしてサーフィンが終わり帰りの運転中に再び急に激痛が走ったのです。運転もできる余裕がなく友人に変わってもらったとのことです。
その日は様子を見ていましたが、一向に痛みが引かなかったので、翌日病院へ行くと頚椎症と言われました。長年のサーフィンの影響で、頚椎が変形しているとの事でした。ドクターにはサーフィンはもうやめた方が良いと言われショックだったそうです。
そして注射を打ってもらい激痛は治まり安心していました。しかし再び3日後に激痛が来ました。
それからは、痛み止めを飲まないと耐えられなかったので、痛み止めを飲みながらごまかして過ごしてきました。やはり痛み止めを飲まないとかなり痛いので、どうにかならないかと思い、即効性の期待出来そうなカイロプラクティックか整体を探していました。
そして当院に来院されました。

治療経過

数年前に腰椎椎間板症で腰を痛めたことがあるとの事です。レントゲンは頚椎しかとってないので分かりませんが、おそらく頚椎だけに限らず、背骨が全体的に変形と隙間が狭くなっているものと思われました。

実際に、体の検査をしていくと、背骨はほとんど硬くて動いてませんでした。胸椎や腰椎にも硬さがある状態でした。

1回で激痛を治めてほしいとの事でしたが、この体の状態的にそれはかなり難しいとお伝えしました。しかし、時間をかけてでもちゃんと治療をしていかないと、もうサーフィンができないかもしれないのでどうするか決めてもらいました。

とりあえず何回か通ってみるとの事で、まずは1週間に2回のペースで通ってもらいました。

痛みが改善しだしたのは6回目の時でした。痛み止めを飲まなくても何とか我慢できるまでになっていました。

その後も1週間に1回のペースで通ってもらいました。

通院しだして2ヵ月目のころには痛みがだいぶん良くなっていました。しかし、体の状態的にまだ再発する可能性があるので、慎重に過ごすようにお伝えしました。

この時はサーフィンは我慢してもらってました。

4ヵ月目には痛みは完全になくなってました。サーフィンに行きたいとの事でしたがもう少し我慢してもらいました。

半年がたった頃に、痛みは再発しておらず、サーフィンに一度行ってみてどんな感じかを教えてほしいと伝えました。サーフィンをしても問題なかったとのことでしたので、徐々に無理なく再開してもらいました。

本人さんは整体に通いながらサーフィンを続けていきたいとのことでしたので、2週に1回で通ってもらいました。その間もたまに痛みがピリッと出た時はすぐに来てもらい調整していきました。

サーフィンができる喜びを実感しているとのことで良かったです。

現在は2年ほどが経ちますが痛みも出てなくサーフィンを楽しまれているようです。整体には月1回来られて背骨の調整をしっかり行ってます。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。