じっとしてても腕の痛みがあり全然良くならなかったので不安だったが改善

患者様の情報

2週間前から、右の肩甲骨から上腕にかけて痛みが出てきました。痛みは徐々にきつくなっていき、じっとしていても感じました。仕事には集中できず、日常生活もままならない状態になりました。
整形外科を受診し、レントゲン検査では、頚椎と頚椎の間が狭くなっていると言われ、頚椎椎間板ヘルニアの診断を受けました。そこでは痛み止めと湿布を処方されましたが、痛み止めを飲んでもあまり効かず湿布を貼っても変わらなかったそうです。
痛くて痛くてどうにかしたいけどどうもできないのでだんだん不安になり、近くの整骨院に行きました。そこではマッサージと電気治療をして骨盤が歪んでいるとの事で骨盤矯正もされたそうです。頑張って毎日行きましたが、症状は全く改善せず施術すとっふも困った感じがしてたので行くのをやめてしまったそうです。本当にこの痛みはどうしらいいいのか分からなかったそうです。
頚椎ヘルニアについて色々ネットで調べていると、当院のホームページを見つけて来院されました。

治療経過

以前に腰を痛めたことがあり、慢性的に腰痛があり、腰の状態が悪かったです。上部腰椎~下部胸椎にかけてが硬くなっており、おそらくそれの影響で、上部胸椎にも歪みと硬さが出ていました。

背骨に伴って肋骨や鎖骨にも左右差が出ていました。

今すぐに痛みをどうにかしてほしいとの事でしたが、体の状態的にすぐに痛みを軽減させるのは難しいと伝え、少し時間がかかっても良いのであればちゃんと改善はできることを説明しました。

とりあえず通ってみるとの事で、1週間に2回のペースで来てもらいました。

3週目の6回目あたりから、痛みがマシになってきました。少し痛みがマシになっただけでも安心されて、ちゃんと続けていけばよくなる気がすると言われ、継続してもらいました。

2ヵ月目からは1週間に1回のペースに変えてきてもらいました。

その後も少しづつですが痛みが軽減していきました。3ヵ月目の終わりころには、痛みが半分以下になっていました。じっとしていても痛かったのが痛くない時間がかなり増えてきている状態でした。

ある日また急に腕に激痛が来ました。すぐ連絡があり来てもらいましたが、変な姿勢で作業をしてしまったとの事で、その影響で痛みが出ている感じでした。症状が改善して来てても体の状態的にはまだ治ったわけではないので、背骨の状態を再度確認してもらい、継続してもらいました。

その後はまた徐々に痛みが引いていきました。

2週間にペースを変えて継続し、半年頃にはほとんど痛みは出なくなっていましたが、油断は禁物という事をお伝えしました。

調子が良かったので3,4週ペースに切り替えて通院してもらいました。

現在は11ヵ月経ちますが、痛みは出ておらず、良い感じでメンテナンスができています。

本人さんも、最初のころに経験した辛さはもうごめんだと言われており、このまましっかり良くしていきたいとのことです。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。