梨状筋症候群によって子供と遊べなかったのが整体で改善

患者様の情報

約1年前に右のお尻が痛くなり、前屈動作など姿勢によって痛みと下肢にしびれが出るようになってきました。
整形外科を受診し、梨状筋症候群と診断を受けました。リハビリはなくお薬で様子を見るとの事でしたが、薬だけでは良くなるわけがないと、すぐに別の病院に行きました。そこでは、腰のヘルニアかもと言われ、MRIを撮りましたが、微妙な感じとドクターに言われたそうです。梨状筋症候群の可能性が高いとのことで、リハビリに通う事にしました。毎週2回通い、マッサージとストレッチと運動など色々やってくれたそうです。そして、半年後位には徐々に痛みが改善していきました。
しかし、ある時、仕事で前屈位になった時に再び痛みが出ました。
その時の痛みは今までよりもきつく、その後リハビリを継続していましたが良くなりませんでした。
普段は注意しながら身体を動かせばまだましなのですが、子供と遊ぶ時に急に痛みが出るのがとても嫌だったそうです。
ですので子供と遊びたいのに思いっきり遊べなくなりました。
そして当院をネットで見つけて来院されました。

治療経過

体の状態としては、お腹の前面の腸腰筋と後面の殿筋や起立筋のバランスが悪かったです。それらの筋肉の前後差や左右差が著明でした。

以前にテニスをしていたことがあり、その時も重心の位置が合ってないような気がしていたそうです。

体の土台が歪んでいると片方の梨状筋に負担がかかり、症状が出ている状態でした。

ですので、両足立ち片足立ちでのバランス検査が特に不安定でした。

施術は1月目は6回のペースで来てもらいました。

2ヵ月目からは1週間に1回のペースで通ってもらいました。3ヵ月目になると、前屈時の痛みがマシになってきました。まだ姿勢によっては痛みが出ますし、痺れもあります。子供とも遊ぶことが増えてきました。

5か月目になると、痛みはほぼ出なくなりました。痺れもやや改善してきているとの事でした。

8カ月目には痺れや痛みはもうなくなりました。痺れに関しては、まだたまに感じることがあるとの事でしたが、最初に比べるとかなり良くなったと喜ばれていました。

子供ともしっかりと遊べて楽しんでいます。

 

 

 

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。