後鼻漏によって仕事にも睡眠にも影響が出て不安だったのが改善

患者様の情報

3ヵ月前に、喉と鼻の間に痰が絡む感じが出だしました。口から吐こうと思ってもなかなか出ず、頑張って出せた時はスッキリとします。しかし、また時間がたつと、喉にへばりついたように違和感が出て不快だったそうです。
耳鼻科に通ってBスポット治療を何回か行いました。治療後はスッキリするのですが、やはりまた時間がたつと戻ってしまいます。
仕事中も喉と鼻の間に何かがある感じがして、呼吸がしづらくなることもあるとのことでした。仕事に集中できず鼻をかんだり、痰を吐きに行きますが、なかなか出なかったり時間がかかって仕事にも支障をきたしていました。口から出せた時はグミのような固まりが出てきます。
夜寝る時も寝づらく、朝起きた時も喉の違和感が半端なかったそうです。
そんな日々が続くと、もしかしてもう治らないのではないかというネガティブな気持ちになってきました。不安が不安を呼び悪循環になってしまい、気分が下がっていました。
そんな時にネットで当院を見つけて来院されました。

治療経過

姿勢は猫背で胸椎の歪みがありました。28度頭が前に出ており、本人さんも気になっていたそうです。食いしばる癖もあるとの事で、顎も硬くなって左右差がありました。

胸椎の歪みが前後左右に激しく、10代の頃の膝の怪我も影響している感じでした。

さらに水分の摂取が1日500mlほどと日頃から少なかったので、1日1,5L~2L飲むように指導しました。

整体は1週間に1回のペースで通ってもらいました。

通院3ヵ月目に、何となくマシになってきているような気がすると言われていました。ただ、症状はまだあるので不安は強かったです。

徐々に改善していきましたがかなりゆっくりのペースでした。

5か月目になると、喉と鼻の間のへばりついている感じが半分くらいになったと言われました。息苦しい感じも頻度が減ってきていました。不安も徐々に緩和されていたそうですがやはりまだ残っていると言われてました。

その後は2週間に1回のペースに変更して通院してもらいました。

8か月目になると、症状はほぼ改善していました。不安もほぼなくなったと言われてました。

仕事も睡眠や朝起きた時の不快感も改善されていました。

この時は、まだ症状が出る時がたまにあるそうでしたが、月に1,2回程度だったそうです。

その後も1ヵ月に1回のペースでメンテナンスで通院してもらってますが、約2年経過した現在も症状は出ておらず、快適に過ごされています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。