毎週あった片頭痛が薬を飲まなくても改善していった

患者様の情報

この方は、10代の頃から片頭痛が出始めました。その時は高校3年の17歳の時でした。
10代の頃は2,3カ月に1,2回ほどの頻度で、片側の頭が痛くなります。ひどい時は授業に集中できないくらいで、部活も休むこともあったそうです。
そして社会人になってから頭痛の頻度と痛みの度合いが強くなってきました。
仕事がデスクワークということもあり、3年目からは毎週頭痛が出るようになりました。ある時は頭痛によって体も怠くなり寝込んでしまうくらいしんどい時もあったそうです。しかし、病院には行かず市販の頭痛薬を飲んで対処してきました。頭痛が出そうになると薬を飲んでというふうに、常に薬は常備していたそうです。
ここに来る前に職場の健康診断があり、肝臓の数値が高いと言われ、薬を飲み続けているせいだと医者に指摘されたので、薬をやめようと思ったそうです。
それをきっかけに、薬に頼らずに片頭痛を治せる方法を調べていて、当院をみつけたとのことでした。

治療経過

姿勢が昔から悪いと言われてきたそうで、本人も自覚があるくらい猫背でした。

高校生の時は良く親に姿勢を注意されたそうです。

実際に写真を撮って見ると、30度頭が前に行ってました。背中のカーブもきつく、とてもしんどそうな姿勢をしていました。

背骨や肋骨も硬い所が何か所もあり、頭の筋肉も硬くなっている状態でした。

全身整体で1週間に1回のペースで通ってもらいました。

どうしても頭痛がひどい時は薬を飲んでくださいとお伝えしました。

7回目で、頭痛の頻度が2週間に1回の時がでてきているという事を言われていました。普段からの姿勢の意識や、お水をたくさん飲むことをお伝えしました。2回程薬は飲んだそうです。

13回目に、だんだんと頭痛の間隔があいてきているとの事でした。痛みの度合いもマシになっていました。この時は、薬はもう飲んでいないと言われていました。

その後も継続して2週間に1回のペースで通院してもらいました。

片頭痛が出るのには波があるものの、だんだん良くなってきているという自覚があるとの事でした。姿勢はすぐには変わりませんが、本人さんは以前よりも、真っすぐになっているような気がすると感じていました。

半年くらいたった頃にはほとんど片頭痛は出なくなっていました。2,3カ月に1回くらいたまにまだ出るか出ないかというくらいですが、以前と比べてかなり良くなっていました。

薬を飲まずに治ることがわかったそうで、今後もメンテナンスをして、良い体を目指していくと言われていました。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。