口を開けると痛みが出て指2本分しか開かなかったのが改善

患者様の情報

2年前から口を開けると左顎に痛みを伴いようになりました。それは毎回ではなくたまにだったそうで、最初はあまり気にならずにいましたが、ある時ガコっと音がしてそれ以来口の開きが悪くなってしまいました。
あくびをする時は思いっきり口を開けられず、痛みも伴います。食事の時も、満足に楽しめなくなってしまいました。
歯医者に行き顎関節症と言われ、マウスピースを作製してもらいました。
毎日夜寝る時にマウスピースをつけていましたが改善せず、うっとおしいのもあり、2ヵ月使用しましたがそれからもうつけなくなってしまいました。
別の歯医者に行ってもマウスピースを勧められるので諦めていたそうです。
そんな時に、整体で顎関節症が改善出来ると知って当院へ来られました。

治療経過

この方は、顎関節症になってもおかしくないような身体の悪さでした。

開口時は指2本しか入りませんでした。

頚椎や胸椎の歪みがひどく、脚長差もありました。以前に足首の捻挫や膝の怪我の影響もあるような感じでした。バランス検査もフラフラで軽く押すだけで崩れてしまう状態でした。

さらに姿勢も悪く円背がきつかったです。姿勢は昔から悪いと自覚していましたが、写真を撮ってあらためて見ると、やはり自分の姿勢の悪さにテンションが下がっていました。

普段からもスマホを良く触っているとの事で、その時の姿勢ポイントや、生活での注意点などをお伝えし、通院することになりました。

最初は1週間に1回のペースで通ってもらいました。

10回目前後で、口の開きが少しマシになってきたと言われました。この頃はバランス検査は安定してきていました。

その後は2週間に1回のペースで来てもらいました。

18回目頃には、痛みも徐々に改善され指3本分開くようになっていました。

その後も3週に1回で継続してもらい、24回目前後には、もう顎のことは気にならないまで改善していました。あくびは気をつけながらだと問題ありません。食事も普通に楽しめています。

現在はさらに姿勢を良くするために継続してメンテナンスに来ています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。