薬で治らなければ手術しかないと言われた左手の痺れと首の痛みが整体で改善

患者様の情報

2ケ月前にジムに行った後から、首の痛みを感じ、それから左の肩甲骨にも痛みが出るようになりました。特に上を向いた時や、仰向けで寝た時に症状は強くなります。
元々数年前から、首の左回旋の動きが硬くなっていました。
そして今回、痛みが出て整形外科に行き、頚椎のヘルニアと診断を受けました。お薬を処方されて服用していましたが、一向に改善しませんでした。
さらに、だんだんと左手も痺れるようになってきました。ドクターに相談したところ、薬で治らないのであれば、手術するしかないと言われたようです。
最悪の場合は手術をしようと思ってはいたそうですが、やはりできればしたくなかったそうです。
そしてネットで頸椎ヘルニアの名医を検索していたところ、当院のホームページを見つけ、家からも近かったので。一度診てもらおうと来院されました。

治療経過

姿勢はそこまで悪くなかったのですが、左足で立った時のバランスが非常に悪かったです。

他に気になったのが、顎の状態と頚椎の5,6番の歪みです。詳しく検査をしていくと、頚椎や顎の状態は、左膝からきていることが分かりました。

話を聞くと、高校生の時に左膝を怪我したことがありました。半月板損傷で手術はしなかったのですが、ギプスを巻いてリハビリをして治したそうです。

この影響で、何年もかけて骨盤が歪んで、背骨も歪み、背筋の左右差がはっきりと出ていました。

治るまでに時間がかかることを説明して、治療を開始しました。

まずは1週間に1回のペースで通ってもらいました。

16回前後でバランスが安定してきました。首と肩甲骨の痛みもマシになってきていました。しかしまだしびれは残っていました。

25回目くらいで、痺れがマシになってきました。

その後は2週間に1回のペースで通ってもらいました。

そして徐々に痺れが取れていき、1年ほどたったころには、完全に痺れも痛みも取れていました。本人さんも気づいてなかったそうで、最近調子はどうですか?とこちらから聞いたら、そういえば症状がなくなっているとビックリされていました。首の回旋も改善されていました。

現在は1ヵ月に1回のペースでメンテナンスで通院されており、良い状態をキープできています。

 

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。