副鼻腔炎による頭痛や倦怠感で勉強に集中できなかったのが改善

患者様の情報

この方は高校1年生で、小学校高学年くらいから鼻詰まりが増えてきました。そして中学生になると、鼻詰まりによって頭痛がしたり全身の倦怠感が出たりといった症状が出るようになりました。勉強には熱心に取り組むタイプの子だそうですが、こういった症状によって集中力がかなり落ちたそうです。
高校受験もなんとか合格出来ましたが、それまでの受験勉強はかなり苦労してきたと言います。
高校生になってからも、症状は改善されず、頭痛や倦怠感がちょこちょこ出て勉強には集中できなかったです。
話を聞いていくと、3歳のころからスマホやタブレットで遊ぶ習慣があったそうです。それによって頭が前に行き猫背になっていました。
姿勢も気になるし、ずっとこの症状が続くのかと思うと不安な気持ちが強くなってきました。学校に行く気もだんだんとなくなってきていたそうです。
今までは、病院や整体に何件か通ってきたのですが、思った効果が得られず諦めていたそうです。
今回は当院の患者様のご紹介で来院されました。

治療経過

小さい頃からスマホやタブレットで遊んでいたため下を向く習慣によって姿勢が悪くなっていました。姿勢は頭が前に23度傾いており、骨盤は後傾し猫背がきつかったです。

若干の側弯もありました。呼吸が浅く深呼吸が上手にできませんでした。

上部頚椎と胸椎に硬さが著明にみられ、肝臓も不調になっていました。

施術は最初のひと月に6回来てもらいました。その後くらいから、鼻詰まりがマシになってきたと言われました。しかし、また元に戻りました。

1週間に1回の頻度にして2ヵ月経過し3ヵ月目でようやく、体に変化が出てきました。

鼻詰まりがマシになり、頭痛や倦怠感がかなり減ったと言われました。

その後も継続してもらい、4ヵ月目になるとまだ鼻詰まりはあるものの、頭痛や倦怠感はほぼ感じなくなったそうです。

勉強に集中できることがとても嬉しいようで表情も明るくなりました。以前までは、学校に行く気持ちも下がってきていたのが今では考えられないと言ってました。

現在は8カ月経過し、2週間に1回の頻度で整体を受けに来ております。

季節の変わり目に鼻詰まりはたまにあるものの調子はかなり良いです。姿勢もちょっとづつ改善されて初回に撮った写真と比べても変化を実感されております。

時間をかけて頑張って通って良かったと喜ばれていました。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。