痛みと痺れで困っていた胸郭出口症候群が整体で改善

患者様の情報

この方は3週間前から左腕に痛みと痺れが出てきました。
今まではこのような症状は出たことがなかったのですが、今回痛みが出る2週間前に、重たい荷物を持ったとの事でした。これが直接の原因になるかは分かりませんが、思い当たるのはこれくらいとの事でした。
症状が出てからは、整骨院でマッサージを受けました。しかし、その後余計に痛くなったそうです。ですので整骨院は2回行っただけで、それからは行ってませんでした。
痺れは相変わらずで、痛みが徐々に強くなってきたので、病院に行きました。病院ではレントゲンには異常が無く、胸郭出口症候群と診断を受けました。
この時は、左手で5Kg以上のものを持つと痺れが出る状態で、痛みはほぼ常に感じていました。左手を下にして寝ると、痺れも痛みも強くなりました。
当院はネットで知り、胸郭出口症候群が改善するという事でしたので来院されました。

治療経過

姿勢は、左肩が下がり、左の肩甲骨が後方へ出ている状態でした。それに伴って肋骨も左右差があり、硬さもありました。背骨の側弯と骨盤の歪みも若干ありました。
ですので、普段の姿勢や癖による体の歪みが原因になっているうえで、重たい物を持ったことが引き金になったようです。
施術は、肋骨や胸椎を中心に調整していき、顎の固さもあったので緩めていくように行いました。
最初は1週間に1回のペースで通院してもらい、2回目来院時には、肩甲骨の左右差がマシになっていました。本人も症状が楽になっていると言われていました。
6回目来院時には、ほとんど痛みはなくなっていました。重たい物を持った時だけ痺れが出る状態にまで回復しました。
その後は2週間に1回のペースで通院してもらいました。
13回目の時は、もう痺れも出なくなっていました。肩甲骨の左右差も改善されていました。ただ、疲れが溜まったり普段の姿勢が悪かったりすると、また戻りそうになるので、その手前くらいで整体に来るようにしました。3週間の1回のペースです。
現在は1ヵ月空けても戻りはほぼなくなりましたが、1ヵ月に1回は診てもらいたいとのことですので、頑張って継続されています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。