頚椎症での首や背中の違和感と手の痺れ

患者様の情報

60代 男性

症状
頸椎症性神経根症と診断されており、首・肩・背中の怠さや違和感を常時感じておられ、右手の痺れも夕方以降に強くなるとの事でした。
猫背の様な姿勢と体に力が入りにくい様子の状態でしたので、日常生活の注意点も併せてお伝えさせて頂きました。

経過
まずは症状として感じている部分の改善をしっかり行うように整体を行いました。
~6回、まず姿勢が変わり仕事での疲労感も軽減しているとの事でした。
~9回、右手の痺れがほぼ無くなり、生活の動作で気になることが減っているとの事でした。
~18回、首・肩・背中の怠さと違和感も改善し、これまでの状態と比べるととても楽になっているとの事でした。
現在も継続して整体を受けておらますが、水分摂取や姿勢の確認などは毎日しているとの事で症状の再発もなく来院時には生活の内容もお話頂き、もっと良くなる為にはと一緒に考えさせて頂いております。
これからもより良い生活のお手伝いをしていきたいと思います。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。