頸椎症による背中や腕の症状が改善

患者様の情報

60代 男性

症状
頚部から腕、背中への痛みと重ダルサが主としてあり、睡眠時無呼吸症候群とも診断されているとの事でした。
日中は背中や腕の症状が気になり、夜間は睡眠時間が少ないので起床時には全身が疲れている感覚が多々あるそうです。
たまに頭痛もあるとの事でした。
姿勢や循環の改善も必要でしたので全身の整体から始め、頚部の整体もするようにしました。

経過
1週間に1度の整体を続けて頂き改善の経過を確認してもらうようにしました。
~7回、背中・腕の痛みと重ダルサが改善してきたので日中が楽になってきたそうです。
姿勢の変化も見られ、バランスも改善しておられました。
~16回、この時点で4ヵ月が経過しましたが、頭痛で困る事がなかったので循環や緊張も減っているようです。
~22回、腕の症状が無くなり、背中も夜に感じる程度に減少しておられました。
~現在も継続して整体中ですが、睡眠時無呼吸症は病院にも通院しながら経過観察中ですが、起床時のダルサは変化しているので改善はみられています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。