腕や手が痺れや重ダルサが辛くて全身がしんどく感じていたが改善できた

患者様の情報

40代 男性

症状
1年前に胸郭出口症候群との診断をうけたが、症状は3年近く前から感じており当時はマッサージ等で過ごされていたそうです。
鎖骨の周辺から背中や腕~手の方に痺れや重ダルサが続き、全身がダルイように感じてしまうので、猫背になり悪循環になっているようでした。

経過
呼吸が浅くなり、体が重く感じている事で姿勢も良くならないので、呼吸が深くできるように整体し、姿勢と循環の改善も同時に進めました。
~3回、ここまでで呼吸がしやすくなり、猫背も少しずつ改善がみられるようになりました。
~8回、肩周りの重ダルサが軽減し、生活も楽になってきているそうです。
~15回、痺れがとれて全身の軽さも感じられるようになっておられました。
現在も継続して整体を受けて頂き、更に改善に向かっておられます。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。