胃の鈍痛や膨満感によって食事が満足に摂れず不安だったのが改善

患者様の情報

子供のころから胃の調子は良い方ではなく、ここ4か月前から、胃の鈍痛や膨満感が出てきました。食後は必ず胃の調子が悪くなりゲップを出そうと思っても出ない状態で、横になると楽になるようです。
大好きな食事が満足に取れずにストレスも溜まっていきました。
病院へ行くと、食道裂孔ヘルニアと診断を受けましたが、担当医の方は適当な診察で不安になったようです。お薬を飲んでも効かず、どうしようか悩んでいた時に当院を見つけて来院されました。

治療経過

胃と腎臓の反射点に圧痛と硬さが著明にありました。横隔膜や肋骨も硬くなっており、呼吸が浅くなっている状態でした。
頚椎2番目にも圧痛があり胃経の調整を行っていきながら、肋骨や横隔膜など硬くなっている部分に対してアプローチをしていきました。
内臓の調整は、胃、腎臓、肝臓の調整を行いました。
通院10回目くらいで、胃の不調はほとんど良くなったと言われていました。食事指導もしながら、ある程度食好きな物を食べれるようになり喜ばれていました。
この時には、初回にあった胃と腎臓の反射点の圧痛が消えていてビックリされていました。
現在も、再発しないように2週間に1回の頻度でメンテナンスされていて、良い状態をキープできています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。