人と話す時に空気が出るのに困っていた呑気症が改善

患者様の情報

半年ほど前から小さいゲップのようなものが出るようになりました。ゲップというか空気のようなものが出て、特に食後や、人と喋っている時に出てきてとても困っている状態でした。
空気を飲み込んでいる自覚はなかったようで、最初は胃が原因ではないかと思い、病院で胃カメラを飲みましたが異常がなく、処方されたお薬も効かなかったようです。
ガスは溜まることは少なかったのですが、お腹の張りを感じるようになってきました。
人と話す時に困るということで、しかりと体の状態を見てもらったうえで、治療して改善できればと思い来院されました。

治療経過

姿勢は頭が前に出ており、腰が反っている姿勢をしていました。やや側弯もある状態でした。背骨は、腰椎が動きすぎている状態で、他の部分は硬くなっていました。
胃に関連する胸椎7,8番の左に硬さと圧痛があり、胃の硬さもあったので胃を緩めていきました。それと同時に腸の方も緩めていきました。
通院8回目までは2週間に1回のペースで通院して頂き、通院6回目頃には4割はマシになってきたと言われていました。このときは、まだ症状に波がある状態で、調子のいい時と悪い時がありました。
その後は3~4週に1回のペースで通院して頂き、症状の波を繰り返しながら、12回目頃にはまだ空気は少し出るものの、ほとんど気にならない状態にまでなりました。
現在も再発しないように、月に1回のペースで通院されており、人と喋るのも何の問題もなく喜ばれています。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。