鼻中隔弯曲症の手術後に後鼻漏・・・

患者様の情報

30代  女性

症状

後鼻漏と蓄膿が2年前から自覚するようになり、耳鼻科で一度鼻中隔湾曲の手術を行い一時期は改善したが症状が再発し来院時は服薬のみ。

経過

1〜3回、全身の姿勢と循環の改善を主に行い頭位の改善が見られたので次回より頭部の調整

4回、蓄膿の痛みが和らいできたと反応あり、次回も継続して行う

5〜7回、1週間に1度来院頂き姿勢とバランスの改善に伴い蓄膿による痛みや顔の重怠い感覚が減少。

8,9回、後鼻漏による咳き込みが減少しており日常生活での不安も減ったとお喜び頂きました。

10回、普段から姿勢も以前に比べると自然に良い姿勢を取りやすくなり症状に意識がいく事がへってきたとのこと。

11回〜、2,3週間に1度の来院を続けて頂き症状が再発しないように様子を見ていただいていますが現在1年経過しても辛い症状は再発していない様子です。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。