ストレスによって左の後頭部と上肢に出ていた痺れが改善

患者様の情報

以前から仕事での人間関係のストレスがあり、そのことを考えると、左の上肢と左の後頭部にしびれが出る状態でした。その症状は1日に数回出る状態でした。
病院に行き胸郭出口症候群と診断を受け、リハビリに通ったり、運動不足かと思いプールにも通っていましたが、全く改善せずに悩まれていました。

治療経過

頚椎と胸椎の硬さがあり、それに伴って肋骨の硬さもありました。病院のリハビリでは、胸の筋肉のマッサージやストレッチをされていたとのことでしたが、そこは結果的に硬くなっていたので、根本的な原因ではなかったのです。
そして、頚椎や胸椎、肋骨を緩めていくことで徐々にしびれが軽減していきました。
また初回の両足と片足のバランス検査では踏ん張ることができなかったのですが、バランスもいっかりと踏ん張りがきくようになり、安定してきました。
通院5回目で、しびれの頻度が減ってきたと言われました。しかし、まだ、仕事での人間関係のことを考えると後頭部にはしびれが出る状態でした。
10回目には、ストレスになっている人間関係のことを考えても、頭部にはしびれが出なくなり、症状が完全に取れて喜ばれていました。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。