逆流性食道炎による食後の胸や胃の痛みが改善

患者様の情報

3年前から食後に胸がピリピリと痛み、病院へ行くと逆流性食道炎の診断を受けました。さらに、ここ1カ月はその痛みが増しており、胃の痛みも出てくるようになりました。
薬を飲んでも効果がみられず、できるだけ薬には頼りたくなく、症状が進行すると食道癌になるのではないのか?という不安もあり来院されました。

治療経過

胸椎から頚椎にかけて硬く、特に第2頚椎と第7,8胸椎の硬さが見られました。骨盤の調整をしながら背骨の全体的な動きを出していき、第7,8胸椎を中心に緩めていきました。
胸椎の硬さが取れてくることで頚椎にも動きが出てきて、直接第2頚椎にアプローチをしながら、顎周囲の筋肉も緩めていくことで、硬さを取っていきました。
通院5回目には、症状がだんだんとマシになってきたと言われ、7回目にはもうほとんど症状はなくなりました。
薬を飲まずに改善され、食道癌に対する不安もなくなったと喜ばれていました。

原因不明の不調なんて実は存在しないんです。

当院の徹底的な検査で本当の原因を知りたくはないですか?

当院の整体では、

独自の検査法で、しっかり身体の声に耳を傾け、原因カ所をピンポイントで調整します。 すると、身体は「原因カ所に気づいて」早期に回復していきます。

あなたのその痛みや悩み意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

ネット、LINE予約は24時間受付中です。

ネットで予約問い合わせはこちら。

LINEでのご予約はこちら。

電話での予約はこちらをクリックしてください。